2008年09月02日
トンボのえさにしたツユクサ

子どものころ、ツユクサの青い花びらをよくトンボにあげたものです。
薄くてやわらかいツユクサの花びらをトンボの口のところに持っていくと、トンボが口を動かしてみるみるうちに花びらを食べてしまいます。

もちろんトンボは肉食性なので花びらなど食べないのですが、人間から逃れようとして口で抵抗しているところに花びらを持っていくので、食べたように見えるわけです。

しかし、そのトンボを解剖してみると、透明で細長い胃袋には青い液体が入っているのがわかります。
ツユクサがトンボのえさだと本気で思っていたぁぃぁぃ少年は、科学のメスを入れて確かめたわけです。

子供のころに、誰でも持っていた純粋で深い探究心。
ツユクサを見かけるたび、そんなくすぐったい記憶がよぎります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る