2008年09月08日
庭の小さな生き物たち

庭にいる生き物の中で、なかなか主役になれない生き物をまとめて掲載。

上左:ミスジマイマイのなかまの赤ちゃん。体長3mm。
    今飼っているカタツムリと同種です。

上中:ウスカワマイマイの赤ちゃん。体長4mm。
    黒い斑点が少ないタイプ。

上右:ウスカワマイマイの赤ちゃん。体長5mm。
    黒い斑点だらけのタイプ。

中左:ベッコウハゴロモ。体長1cm。
    梅の木で休んでいました。

中中:ワラジムシの赤ちゃん。体長3mm。
    シソの葉の上を散歩中です。

中右:脱皮途中のワラジムシ。体長1cm。
    前半分は脱皮済。これから後ろ半分を脱ぐところです。

下左:ニジュウヤホシテントウ。体長7mm。
    ミニトマトの葉を食べていました。

下中:ナメクジの赤ちゃん。体長3mm。
    小さいうちはかわいいんですけどね(ーー;)

下右:謎の幼虫。体長8mm。
    ハチ系の幼虫に似ています。体が透明です。

30分ぐらい庭を観察しましたが、ウスカワマイマイの赤ちゃんは2〜30匹確認できました。かなり繁殖しているようです。
ミスジマイマイの赤ちゃんは5匹確認しました。成体の姿は見えませんが、庭での繁殖を継続できているようです。

去年スズムシの卵が混じった土を庭に撒いて孵化を期待しましたが、今回の観察ではスズムシは確認できませんでした。
今日現在スズムシの鳴き声は聞こえませんので、自然環境での生長ができなかったかもしれません。

バッタ系やカエルの鳴き声は聞こえますが、姿は確認できませんでした。
美しく鳴く昆虫で自然環境でも強く生きていける種類を、庭で繁殖させたいと思っています。
候補はエンマコオロギですが、今日現在まだ第一期生の捕獲に成功していません。
年内に捕獲して一度飼育し、産卵が確認できたら土ごと庭に置けたらと思っています。


タグ:昆虫 写真 画像
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
飼っておられるカタツムリ、軟体部が色白で殻も上品で
以前から種類は何だろうと思ってました。
アオモリマイマイかな、と想像していたのですが、
ミスジマイマイですか。大外れです><
Posted by Take at 2008年09月08日 20:23
>Takeさん
正直なところ、アオモリマイマイの可能性も否定できないというのが本音です。
いろいろな画像を見比べて、49:51でミスジマイマイになった次第。
両者ともそっくりなんですよねw
それにしてもTakeさんのブログは、深夜に見るのはやばいですね。
おなかが減ってどうにもこうにもですw
ちなみにとうふは自分も大好物なのであります(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2008年09月08日 23:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。