2008年09月16日
ムーアシロホシテントウのサナギ

先日紹介したムーアシロホシテントウの幼虫がサナギになっていました。
場所は、幼虫時代と同じで一才柚子の葉の上です。

ヒメカメノコテントウの可能性もまだ消えないわけで、それでもどっちでもいいやという気持ちも消えないわけで、無事に羽化することを祈ります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
白星テントウと理解するのに3分かかりましたw
「ムーア」はどう意味なんだろう?

「ムーアシロホシテントウ」「シロホシテントウ」
どっちでググっても、1ページ目にここが…
Posted by 名無しさん@ぁぃしてる at 2008年09月17日 00:05
>名無しさん
かなりの固有名詞なので、ヒット数も少なくて1ページ目に出てきますねw
ムーアってなんでしょう。発見した人の名前でしょうか。
それとも萌え系のキャラ名でしょうか。
むうあタン(;´Д`)ハァハァ
Posted by ぁぃ♂ at 2008年09月17日 01:09
http://plaza.rakuten.co.jp/Wolffia/diary/200711180000/#comment
ここに名前の由来書いてありますよ。
こんなに、かわいいテントウムシ見たことない!成虫になるの楽しみです。応用昆虫学研究室あるけど、害虫管理の仕方を習うから、可哀そうで無理です。キイロテントウも見たい。
Posted by AT at 2008年09月17日 09:42
>ATさん
おお、これは感謝感謝(^O^)
人名だったんですねー、うんうん。
可哀そうとか言ってないで、きちんと害虫管理のお勉強をお願いいたしますw
発想の転換ですよ。
弱点を学ぶことは、保護する策も同時に学んでいることなのであります。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年09月18日 00:25
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。