2008年09月20日
ナナホシテントウの幼虫

正面から見ると、どことなくテントウムシの雰囲気があります。


ナナホシテントウの幼虫

腹部の先を葉っぱに固定してぶら下がっているので、サナギになろうとしているところのようです。サナギになることを、蛹化(ようか)といいます。


ナナホシテントウの幼虫

すぐ下には、すでにサナギになった個体もいました。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。