2008年09月26日
大人になったナナホシテントウ

真っ赤と真っ黒になったナナホシテントウです。


大人になったナナホシテントウ

マウスにしたいほど、かわいいもよう。


大人になったナナホシテントウ

真っ黒いナナホシ…、これはヨモギハムシですな。


大人になったナナホシテントウ

さっそくセイタカアワダチソウヒゲナガアブラムシを見つけた個体もいました。


大人になったナナホシテントウ

食べてる食べてる。
口もとにアブラムシのシルエットが確認できます。
しかし、食べ放題ですなこりゃ。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(5) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
5枚目の写真、素晴らすぃ。なんでだかワクワクしてきます(*´д`)
ちとお聞きしたいのですが、テントウムシは一度に
何匹のアブラムシを食べるのですか?その時
アブラムシは逃げたり抵抗はしないのですか?
なにしろ、ここまでのアブラムシを見たことがないのですw
話変わりますが、「どっちに進むか予測不可能」と言えば、
自分からしたら、ゴキブリがまさにそれなのです(`・ω・´)
奴は追い込んだら飛んで逆襲しやがりますw
しかし、ここはいて座、狙った獲物は逃がしませんw
Posted by Yummy at 2008年09月26日 19:36
>Yummyさん
5枚目みたいなので、もっとすごい写真が撮れたので、今晩掲載します(^O^)
一度に何匹のアブラムシを食べるかですが、見ている間ずっと食べてるので、限りないようです。
小さいアブラムシだと1分かからないで食べますが、でかいのだと数分かかるようです。
まあ、十数匹は間違いの無いところでしょう。
また、アブラムシの抵抗ですが、これまた見てるといやはやなんともなわけです。
一歩たりとも逃げず、襲われるがままに食べられてしまいます。
噛み付かれてからの抵抗も無しで、防御力ゼロです。
ゴキブリとは正反対ですなw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年09月26日 20:18
こんにちは^^
一度ナナホシ、ナミテントウの幼虫・成虫
を飼ったことがあるので、捕食しているところ
を見るのは懐かしいです^^
幼虫も成虫もアブラムシをくわえた後、体液を
吸って、抜けがらにしてしまった後に口の中に
入れるという不思議な食べ方をします。
アブラムシは尻尾をふって威嚇しますが、
植物に深く刺さった口が抜けなくて簡単に
逃げられないらしいです。
Posted by K・A at 2008年09月27日 07:26
ほぉぉぉぉー!教えていただきましてありがとうございます。
けっこうの量を食べるのですね。もっと少ないかと思ってました。
それから、逃げたくても逃げられずに、食べられるがままなのですね。
テントウムシが近付いてきたら、サーッと散るかと思っていたので、
疑問が解決してスッキリしたと同時に、すごく勉強になりました_〆(゚▽゚*)
重ね重ね、どうもありがとうございました。
Posted by Yummy at 2008年09月27日 20:41
>K・Aさん
食べているところを見れば見るほど、風船ジュースを飲んでいるかんじですねw
アリがほしがる甘い汁も含まれていて、想像するとおいしそうです(^O^)

>Yummyさん
食べる量がすごいので、テントウムシは家庭菜園の友ですよー♪
数匹のテントウムシでアブラムシが消えたという話もあります。
我が家に数匹、ナナホシテントウですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2008年09月27日 23:47
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。