2008年10月18日
ツユクサの種のできるまで

ツユクサの花を見るのも、そろそろ終わりです。
花の下では、ウスカワマイマイが休んでいます。


ツユクサの種のできるまで

花が枯れると、こうなります。
丸い物の中に種ができますが、個数や構造はアサガオとそっくりです。


ツユクサの種のできるまで

さらに乾燥が進むと、こうなります。
種がむき出しになり、傾くとぽろぽろこぼれ落ちます。
ウスカワマイマイの赤ちゃんがいたので、拡大してみました。


ツユクサの種のできるまで

ツユクサの種です。
いん石のような質感を持ち、非常に硬いです。
大きさは2mmぐらい、長円半球の3分の1を切り落としたような形をしています。

どこにでも生えている雑草ですが、花は独特の形で鮮やかな青色をしています。
背丈を低く抑えながら育てると、草盆景などにもマッチする植物です。
そんなわけで、種を少しばかり採取したので、来年にでも蒔いてみようかなと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(15) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ツユクサのタネ、初めて目にしました
このへんの掘り下げ方がぁぃぁぃさんだなぁと改めてm(_ _)mペコリです
隕石にも似てるし、化石にも似てるように感じます
探してみようっと
Posted by つばさ at 2008年10月18日 11:11
>つばささん
じつは自分も初めて見たんですよ、これ。
驚きと感動で、写真に収めた次第。
こんなにたくさんの種をつけるのに、自然界ではあまり群生しません。
自然の中での発芽率が低いのかもしれません。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年10月18日 18:01
ツユクサのブルーって好きです。
葉のツヤツヤ感といい、いろんな小さな生き物達がゴクゴク露を飲んでいそう・・。

私もこの間まで咲いていた辺りを探してみようと思います。
Posted by 琴 at 2008年10月18日 20:42
何度もスミマセン
ウスカワマイマイの存在も気になるのですが・・。
スジなしちゃん達とは別の種類ですよね?
我が家で飼っているのは、見かけはスジなしちゃん達とそっくりなんですが何という種類なのでしょう?
富山県の少し山間部の住宅地に普通にいます。
そんなんで わかります・・?
Posted by 琴 at 2008年10月18日 21:07
>琴さん
ツユクサっていろいろなところの個性が強い植物なので、意外とおもしろいものです。
スジナシちゃんはウスカワマイマイとは別の種類になります。
ここ(http://aiaicamera.seesaa.net/article/107647516.html)の下の写真にもあるように、ウスカワマイマイでもクリーム色で筋の無いタイプもいます。
全体的にコロンとした形なら、ウスカワマイマイかもしれません。
なんせ全国どこにでもいるのがウスカワなので、発見率も高いと思います。
住宅地にも普通にいるのなら、ウスカワの可能性が大きいですねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2008年10月18日 23:44
ツユクサの小さな花は可憐で綺麗ですよね。
うちの鉢に植えてあるツユクサはまだ蕾を持っているのでもう少し楽しめそうです。
あ、それから、ぁぃさんが先日載せた「ケラ」ですけど、今日はケラの鳴き声が撮れました。
声を「撮る」と言うのも変な表現ですが・・・笑
ケラの姿は子供に見て以来、ぁぃさんの所で拝見出来た訳ですが、鳴き声は自分で聞く事が出来ました。
この鳴き声は暫く耳に残ると言うか、頭の中に響いて止まなくなります・・・。
Posted by 氷吉 at 2008年10月18日 23:49
>氷吉さん
この動画、すごくおもしろいですね!
指向性感覚で、鳴いているところがだいたわかってしまうので驚きです。
しかし、よく根性でここまで粘りましたw
その分面白さも倍増です(^O^)
今度、女子校生もお願いしますw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年10月18日 23:57
了解いたしました!
女子『校』生、って何かのタイトルじゃ無いんだから正規表現しても大丈夫ですよ。w
それとも 小〜大 までALL OKだと認識すれば宜しいでしょうか?
ここはひとつ、ぁぃさんの嗜好性を伺いたいところです。ヾ( ̄ヘ ̄; ) ォィォィ
ケラですが、用水路を覗き込む為に農道に腹ばいになって撮りました。w
子供の頃に「サンダーバード4号」とか言いながら弄んでいたので、
マジで掘り起こしてしまいそうになったけど大人として我慢。自分エライ!
追伸・・・>ケラの姿は子供『の頃』に見て以来、ですね。(;^_^A アセアセ...
Posted by 氷吉 at 2008年10月19日 01:09
う〜ん・・カタツムリって沢山の種類があるのですねぇ・・。
我が家にいるのはウスカワマイマイではなさそうです。
スジナシちゃんや姫さん達とよく似ています。
他のページでですが、調べてみたところノトマイマイが一番近いように見えました。
能登と富山はお隣なのでそうかもしれません・・。
それにしてもウスカワは全国どこにでもいるようですが、今まで気づいていなかったのかな?
カタツムリは皆、姫さんタイプだと思い込んでいました。これから 意識して探すようにしてみます。
でも、寒くなってくるし見つけにくいかな・・。
Posted by 琴 at 2008年10月19日 15:26
初めてメールさせていただきます!あいあいさん初めまして(^O^)/ななっちと申します。

実家から持って帰ったバジルの葉に小さなかたつむりをみつけてから(今年の七月)飼育を始めました。ウスカワマイマイの黄色いのとゴマちゃんの四匹です。
試行錯誤の中、あいあいさんのブログにたどりつき、色々勉強させてもらっています!感謝です!(^v^)
実はそのうちの一匹が遅れてやってきた子とお見合いさせたところ、意気投合したらしく、この一週間の間に三回も産卵しました。
卵は全部で120〜130個で、かえるのは11月初旬の予定なのです。
冬眠前にどれだけ大きくなれるのか、また実際何匹が卵からかえるかわかりませんが、そのうち何匹面倒を見ることができるのか、今からちょっと悩んでいます。
まさかこの時期に卵は産まないんだろうと思っていたのですが、自然界とは違う環境に連れてきているのですから、条件がそろえば、子孫を残そうとするのは当然のことですよね。
これから寒くなる一方ですが、自然に帰すのであればいつが良いのか、アドバイスいただければ嬉しいです。
Posted by ななっち at 2008年10月19日 21:15
>氷吉さん
なかなかすごいところにツッコミを入れているようですが、「高」ぐらいでお願いしますw
その時も腹ばいでお願いしますw

>琴さん
スジがあるのであれば、ウスカワではないかもですね。
カタツムリの種類は多種多様で地域性もあるので、なかなかこれだと断言できないところがあります。
ここはノトマイマイにしときましょうw

>ななっちさん
はじめましてです(^O^)
産卵おめでとーございます。
これからの季節は冬眠の季節なので、できるだけ体力をつけてからの冬眠が望ましいと思います。
それには少しでも大きくなってからが、より耐性があります。
放すには梅雨時がベストだと思いますので、それまでケース内で冬眠させつつ飼育を続けたほうがよさそうです。
Posted by ぁぃ♂ at 2008年10月19日 23:55
あいあいさんお返事ありがとうございます!やっぱりそうですよね。こうなったら、かたつむり王国を目指して、がんばります!
巣箱が何個必要かな・・・。

動物たちの写真とコメントがとっても良いですね。なんだか和みます(*^。^*)
Posted by ななっち at 2008年10月20日 00:34
>ななっちさん
かたつむり王国!w
キャベツも栽培したほうがいいと思いますw
冬眠に向けて、枯れ葉も用意してくださいねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2008年10月20日 01:15
見つけましたよ!ツユクサの種。
ほんっと〜に ちっちゃい!
ゴツゴツして穴の開いている所が火山岩のようだと感じました。
でも 改めて写真を見てみると、3枚目のウスカワベイビー 種と比較してもその大きさということは・・生まれたてでしょうか。
その存在に気づいたのは、4つ足動物では ぁぃぁぃさんだけなのでは・・?
Posted by 琴 at 2008年10月20日 19:10
>琴さん
  (U^ω^) わんわんお!
C/    l
 し−し−J
自分は二足歩行してますので、よろしくお願いしますw
ウスカワの赤ちゃんは、もっと小さいのがいますよ。これは生まれたてではないようです。
ツユクサの種は、落ちてしまったら土だか石だか種だかわからなくなりますねw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年10月20日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る