2008年11月21日
元気なオオカマキリ

脚のふ節のほとんどがとれ、ついているふ節も役割を果たさない状態です。
左側の触角も切れ、複眼にも劣化現象が現われています。

しかし気合いでしょうか、かなり元気で食欲も旺盛です。
この日もカマのお手入れを欠かさない日常の平和な空気。
キョロキョロしながら周囲を観察するしぐさは、元気な証拠でもあります。
おそらく最後になるであろうオオカマキリの飼育、いろいろな思い出をかみしめながら、日夜こいつと会話する毎日です。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | オオカマキリ二世 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
体はボロボロですね(汗)
満身創痍といいましょうか。

符節がない状態は人で言うところの指がない状態でしょうか。

器用に壁を上るなんてもってのほかで符節がないとプラケを歩くのにもつるつるすべってしまいますね、ちょっと不憫に思えてしまいますがそれも長生きした証ですね。
Posted by いずみ at 2008年11月24日 22:22
>いずみさん
そうですね、指が無い状態だと思います。
ひっかかりもせずくっつきもせず、カマで割りばしに上って、なんとか垂直の体勢を維持しているかんじでした。
ふ節ぐらい、最後までついててもいいのにと思いますw
Posted by ぁぃ♂ at 2008年11月24日 23:16
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。