2008年12月24日
雪の結晶

大気と地表の気象条件がそろわないと見ることのできない雪の結晶。
氷点下3度の12月の夜、それは姿を見せました。


雪の結晶

その日は雪ではなく、雪の結晶が降っていました。
積もるのではなく、結晶が折り重なっていきます。
地球が生んだこの現象に見とれていた10分間は、地球という時間の尺度から見れば一瞬の出来事でしょう。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
雪の結晶キタタタタタタタ━━━(((((゚(゚(゚(((゚゚∀∀゚゚)))゚)゚)゚)))))━━━!!!!!!!
うひゃぁぁぁぁぁぁぁぁ。待ってました。ありがトン。
すごい!すごいとしか言葉が出ません(´;ω;`)ブワッ
Posted by Yummy at 2008年12月24日 00:13
あいさん、Merry Christmasです。

うちのかたつむり、ここ2日ばかし、お顔を見ることができません。
これが『冬眠』なのか・・。
冬眠中はどうしたらいいものか(餌を入れ続けるとか葉っぱを濡らし続けるとか)ご指導ください。
今は桜の枯れ葉にかすかにひっついているようです。^^
Posted by のりのり at 2008年12月24日 06:21
あいさん、Merry Christmanです。

なんだか幻想的な雪の結晶をありがとうございます。

うちのバレリーナですが、ついに『冬眠』に入ったのか?顔を出してきません。桜の枯れ葉にかろうじてひっついている感じです。

『冬眠』は何をしてあげたらいいのか、餌をやり続けるのか、葉っぱを濡らし続けるのか、ご指導ください。

^^
Posted by のりのり at 2008年12月24日 06:24
>Yummyさん
雪の結晶なんて運が良くないと撮れないと思っていましたが、運が良かったようですw
寒さとの戦いになるので、もう撮らないと思いますw

>のりのりさん
Merry Christman!w
だいたい1週間ぐらい動かなくなったら、冬眠に入った可能性が大ですね。
冬眠中にすることですが、基本的には自然の再現です。
自然界で冬眠する環境、すなわち地面に落ちた枯葉の中は、土からの水蒸気があります。枯葉自体は乾燥しています。時々雪が降って雪解け水がしみ込みます。これを再現します。
再現は簡単。たまに霧吹きするだけです。週一ぐらいでいいでしょう。
底に砂利を入れておいて水をかなり含ませれば、水蒸気も発生して、より自然に近くなります。
どんな生き物の飼育でも基本は同じ、自然界の再現ですよー(^O^)
あ、あと、コメントがすぐ表示されないのがseesaaブログの悪いクセなので、間違いなく書かれてある場合がほとんどなので、大丈夫ですよー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2008年12月25日 00:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。