2009年01月24日
コケの胞子のう

丸々と太ったコケの胞子のう(サク)が、ぐんぐん伸びています。
少しでも高いところから飛ばしたほうが、胞子は遠くへ飛んでいきます。
丸く太った先端はやがて茶色くなり、細い亀裂ができて胞子を飛ばします。


コケの胞子のう

根元の部分。
ギンゴケとスナゴケが見えますが、ほかにも数種類のコケが混生しています。


コケの胞子のう

これらのコケは、松の鉢に生えています。
普段置いている角度では写真左側が太陽の方向なのですが、好光性があるようで、みんな太陽のほうを向いています。
また、太陽側のほうが生育も良いようです。
カイワレのような勢いのある姿に、コケのパワーを見たような思いです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | ミニ盆栽と苔 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おおーっ!すごいすごい。2枚目の写真に(*´д`*)ハァハァ
前回よりフサフサになって伸びてますねーっ!
胞子を京都まで飛ばして下さい。一瞬にして枯らしますぞw
Posted by Yummy at 2009年01月24日 21:44
>Yummyさん
年々コケも丈夫になり、土ともしっかりくっついています。
赤玉土が多い土でコケにはきびしそうなのですが、なぜか元気。
このあたりが、コケの深さなのでしょうか。
胞子は無理ですが、杉花粉ならいくらでもw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年01月24日 23:04
はじめまして。
ミクシィのカエルのコミュニティーからとんできました。
かえる大好きなんですが、あいさんのブログを読んでいたら、カエルはもちろんいろんな虫や植物まで好きになってしまいそうです♪♪
すごく楽しいです♪
また見に来させてください(^O^)
Posted by yoko at 2009年01月27日 01:36
>yokoさん
はじめましてです(^O^)
そこらにいる虫や花ばかり撮っているので、なんでもかんでも載っていますw
その中でもカエルは毎年恒例の生き物で、あのかわいらしさにいつも夢中です。
今は冬なので生き物の姿はありませんが、また遊びに来てくださいねー(^O^)/
Posted by ぁぃ♂ at 2009年01月27日 22:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。