2009年04月15日
枯れだす矮性ミニトマト

双葉は茶色く変色を始め、次第に本葉も枯れだしています。
葉っぱを維持しているのは、この2株だけです。
原因は定かではありませんが、根ぐされ、土の中の菌による病気、夜の低温などが考えられます。
双葉の変色が止まって本葉の生長の速度が上がれば、なんとかがんばれそうな気がします。


枯れだす矮性ミニトマト

そんなわけで、新たに5株増やしました。
土はいろんな意味で安定しているゴールデン培養土を100%使いました。
菌や酸度や根ぐされが原因であれば、これで育つはずです。
これでも同じ症状が出るのであれば、夜の低温かもしれません。
いずれにしても試行錯誤的要素に包まれながら、緊張感あふれる栽培になっています。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(6) | 矮性ミニトマト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ゴールデン培養土と聞いて飛んできましたw
なるほど、だから種は一度に蒔かずに、こうやって少しずつ(?)
蒔くのですね。理由がわかりました。大変、種まきのいい勉強になりました。
枯れた双葉ちゃんも復活してほしいですね(・ω・`)
Posted by Yummy at 2009年04月15日 07:40
>Yummyさん
最適な時季に最適な方法で蒔かないときは、恐る恐る蒔くことになります。
また、一度に全部蒔いても育てられないので、必要分だけ蒔きますね(^O^)
枯れた双葉ちゃんは、復活の兆しありです。
Posted by ぁぃ♂ at 2009年04月15日 23:23
双葉ちゃん復活の兆しおめw
こちらは、水につけていたアサガオの種が発芽したので
土に植えたのですが、全く音沙汰がありませんorz
気長に行きますかね、気長に(・ω・`)
Posted by Yummy at 2009年04月16日 00:47
>Yummyさん
アサガオは発根は早いのですが、土に撒いてからが長いです。
土から顔を出すまで、4〜5日はかかると思いますよ。
また、埋める深さが繊細で、深すぎると腐敗し、浅すぎると種皮をつけたまま発芽します。
種皮がついていると抜け出せない場合が多いので、自分は外科手術をして取り除いたりします。
アサガオは意外と深いですよー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年04月16日 01:15
大変勉強になりますた。
まだ何も出てきてませんっとメモメモ..._〆(゚∀゚)アレマァー
追伸:カエルが口に入ってきた件は噴いたw
Posted by Yummy at 2009年04月17日 23:55
>Yummyさん
種子の中の葉がシワシワに折りたたまれているので、そこから抜け出すのが大変なのがアサガオなんですよ。
カエルは、たぶんからかってきたのだと思います。
けっこうやんちゃな性格してますよw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年04月18日 01:19
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。