2009年06月01日
ナミテントウが孵化

ナミテントウの卵を見たら、黒いものが見えました。
孵化したようです。


ナミテントウが孵化

卵から出てきたナミテントウの幼虫。
孵化していない黄色い卵が何個か残っていますが、色が変わっていないので孵化しない卵だと思われます。


ナミテントウが孵化

7〜8匹見えますが、正確な数は確認できません。


ナミテントウが孵化

アブラムシがついたヨモギの枝を水を入れたビンに入れ、えさとして投入しました。


ナミテントウが孵化

ヒゲナガアブラムシの一種です。
ちなみに、孵化したナミテントウの幼虫とほぼ同じ大きさですが、ナミテントウの幼虫は自分の体より大きなアブラムシにもかじりついて体液を吸うので、大丈夫です。

小さいものが小さいものを食べる飼育は繊細で神経を使いますので、今が試練の時なわけです。
それらがどうなっているのかも肉眼では判断できず、デジカメで撮ってパソコンのモニターで見て、そこで初めてわかる次第。
顕微鏡で微生物の飼育をしているのと似た要素があります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | ナミテントウ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
孵化おめ(=゚ω゚)ノ 集まっている幼虫(NOTアブラー)かわいい(´Д`;)
ミクロの世界ではこんな世界が繰り広げられているのですね。
ガッツリとアブラーをやっつけて下さいw
Posted by Yummy at 2009年06月01日 19:29
>Yummyさん
対象が小さすぎるので、普段見てても観察になりませんw
小さすぎるのも考えものですな、こりゃw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年06月02日 00:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る