2009年06月05日
分げつを開始したバケツ稲

発芽から22日目、田植えから14日目のバケツ稲。
葉っぱは、4〜5枚出ています。
根もとを見たら、分げつが始まっていました。
分げつとは、根もとから新しい茎が出てくる現象です。


分げつを開始したバケツ稲

Aが1回目の分げつで出てきた茎。
Bが分げつ茎から伸びた新しい葉。
Cが分げつ茎から伸びた新しい茎or葉。
Dが2回目の分げつで出てきた茎。

分げつは5回ぐらい繰り返され、稲穂をつける茎が増えていくらしいです。
分げつが始まったら水位を5cmぐらいにして、窒素肥料の追肥を与えたほうがいいらしいです。
イネの栽培はステップごとに実施することがあるので、気を抜けません。
まさに、育て上げるといった感が強い栽培なのであります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | バケツ稲〜2009年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
分げつ初耳キタコレ。成長してますねー。前回よりも稲らしくなってます。
Posted by Yummy at 2009年06月05日 18:52
>Yummyさん
葉も少しずつ濃い緑になってきて、田んぼのイネと似てきました。
カメムシが発生する時季なので、そろそろ警戒態勢に入ります(・ё・)クサー
Posted by ぁぃ♂ at 2009年06月05日 20:54
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る