2009年06月06日
マイマイガの4齢幼虫の脚

チョウや蛾の幼虫には脚がたくさんついてますが、ちょっと詳しく見てみましょう。
Aは、胸脚です。3対で6本あります。これが昆虫本来の脚になります。
Bは、腹脚です。4対で8本あります。歩くときにはこの脚をよく動かします。
Cは、尾脚です。1対で2本あります。腹脚と同じように動きます。


マイマイガの4齢幼虫の脚

8本ある腹脚の先にはカギ爪がブラシ状についており、これを引っかけながら歩きます。
また、吸盤状にもなっているので、飼育ケースの内側はもちろん、つるつるしたガラスびんの内側も上手に歩きます。

割り箸や手で幼虫をつまんで葉っぱから離そうとすると、強い引っかかりを感じることがありますが、このカギ爪が引っかかっていたということになります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | マイマイガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぁぃさんのこの画像にアルファベットや数字が記入されている
シリーズすごく好きです(=゚ω゚)ノ わかりやすい!
このタコみたいな吸盤を無理矢理はがすと、
体が真っ二つにペロンと…(´;ω;`)ブワッ←妄想
Posted by Yummy at 2009年06月06日 21:07
>Yummyさん
シリーズってw
まあ、たまには図鑑っぽい説明でもしておかないと、単なる虫バカだと思われるので小細工してますw
つか、手遅れですな(;^ω^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年06月07日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。