2009年06月07日
動きが無いイチョウ

水を吸って膨張し、先には根らしきものが見えているのですが、そこで止まって腐敗してしまいます。
右が買ったほうのぎんなん、左が拾ったほうです。
はてさて、いかがなものかと考えたところ、水と酸素のアンバランスが良くないのではないかという結論に達し、新しいぎんなんを土に蒔いてみることにしました。


動きが無いイチョウ

右列が買ったほうのぎんなん、左列が拾ったほうです。
この状態で埋め、外の自然の温度変化にさらすことにしました。
水と酸素のアンバランスさを解消するため、ゴールデンの土を使っています。これで、水と酸素が360°均等かつ適度に行き渡るはずです。

思いのほか苦戦しているイチョウですが、古代の樹木なので昨日今日地球上に登場した"ヒト"の言うことをきいてくれないようです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | イチョウ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
プリントアウトされているバゴーンかと思ったΣ(゚д゚lll)
なるほど、アルファベットで「H&K」なのですねw
イチョウはなかなか手がかかるのですね。育て甲斐がありますね。
Posted by Yummy at 2009年06月07日 16:36
>Yummyさん
「買った」と「拾った」ならばBとPで書けばいいものを、そのままローマ字読みで書くあたりが理系なわけですw
発芽はほとんど期待してませんので、夏には引き上げますw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年06月07日 23:34
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る