2009年06月16日
ヨモギに原住民いたり

羽化したナミテントウを放す予定のヨモギ。
えさとなるアブラムシのようすを確認してたら、原住民がすでにいました。
控え目な赤の紋が日本的で、情緒もあるナミテントウです。
ナミテントウは個体ごとに紋が違う場合が多いので、見ていて楽しめます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | ナミテントウ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
シブい色合いと模様ですね(・∀・)イイ!!
テントウムシってコレクション(?)の、し甲斐がありそうですねw
Posted by Yummy at 2009年06月16日 00:54
輪島塗の盆?とか言いたくなるくらいのツヤと意匠w

平和的共同生活がなりたつといぃですねぇ
Posted by ぐわ氏 at 2009年06月16日 01:11
>Yummyさん
コレクションいいですね!
このナミテントウだけでも個体ごとに違うので、常にフレッシュな出会いとなるわけです。
しかし大きさが大きさなので、整理整頓がかなり大変そう(^Д^)

>ぐわ氏さん
輪島塗、噴いたw
言われてみるとまさに高級品なわけで、この深みとツヤはそんまま美術館にでも並んでいそうで、いとをかし(o^-')b
Posted by ぁぃ♂ at 2009年06月17日 00:00
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。