2009年06月24日
マイマイガの4齢幼虫がサナギに?

別の飼育ケースに移した4齢幼虫がいないなと思ったら、ふたの裏にいました。


マイマイガの4齢幼虫がサナギに?

なんと!糸を出してサナギになる準備を始めています。
4齢幼虫だと思っていたのですが、5齢(終齢)幼虫だったことになります。
しかし、大きさはどう見ても4齢幼虫。
あ、もしかしてこれ、オスということなのでしょうか。
成体の大きさはオスのほうが小さいので、このときからすでに小さいのかもしれません。
だとしたら、この個体はウサ耳マイちゃんということになります。

写真ではわかりにくいですが、糸は二重に張っています。
外側に壁のように糸を張り、内側に体にフィットするハンモックのような糸を張っています。
写真は今まさに内側の糸を張っているシーンで、体を入れ替えたり曲げたりしながら、あまり動かなくなった体を動かして頑張っています。


マイマイガの4齢幼虫がサナギに?

見やすいのか見にくいのかわからないような場所ですが、どうやらこのままサナギになりそうです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | マイマイガ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぁぃさん家にはいくつの飼育ケースがあるのだろう(゚Д゚≡゚Д゚)??
ホント4齢だと思ってたものがサナギになるとビックリしますね。
蝶と同様、羽化時の足場を確保するためにフタの裏がいいのかな。
Posted by Yummy at 2009年06月24日 18:45
>Yummyさん
糸の張り方が体長より広範囲なので、この糸も足場にする雰囲気です。
その後は、ふたの網目が足場ですな(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年06月25日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。