2009年08月07日
挿し芽トマトの葉に病気発生

挿し芽をしたほうのトマトにも実が成っていますが、葉っぱにカビが生える病気が発生しました。
葉に発生したカビのせいで葉幹の根元が茶色く変色し、症状は深部にまで伝わっています。
毎日のように続く小雨や霧雨、湿度が高すぎるのが原因かもしれません。


挿し芽トマトの葉に病気発生

このような症状が次第に広がっています。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | トマト | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
実ではなく葉っぱなら大丈夫ってことはないのでしょうか?
葉っぱに被害が出たら、実にも影響があるのでしょうか?
実はプリップリですね(´Д`;)ハァハァ
Posted by Yummy at 2009年08月07日 20:22
今年は天候不順で野菜の生育が悪いようですね。
農家の方も大変だと思います。
Posted by ジョンレモンはヒマジン at 2009年08月07日 20:46
>Yummyさん
撮影日の翌日、実まで一気に病気が広がったので、伝染を防ぐため☆になりました。
中ぐらいにまで大きくなっていたので、少し残念。
まあ、挿し芽の苗で耐性も低めなので、よくあることらしいです(-。-)y-゜゜゜

>ジョンレモンはヒマジンさん
いや、ほんとそうですね。
ニュースでも聞くように、野菜が高騰しているとか。
自分みたいに遊びでやっているのとは違う本職の人たちは、それこそ死活問題なのでやばいですな。
トマトが赤くなるのも遅くなっているそうです(+_+)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年08月08日 01:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る