2009年08月13日
今年もオツネントンボ

生育中のヒマワリの茎で、羽根を休めるオツネントンボ。
この昆虫を見ると、なぜかほっとします。毎年見てるので、見ないと不安になるのかもしれません。

飛び立ってもいきなり遠くまで逃げず、近くを舞っています。
そんなときに指をさし出すと、指に止まることもあります。
こういう親密度を出してくるオツネントンボ、たまりません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(5) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
でかい顔ですね
Posted by あう at 2009年08月13日 17:27
とても繊細なトンボですよね。イトトンボ好きです+.(・∀・)゚+.
オツネンて越年という意味なんですね。勉強になりますた。
Posted by Yummy at 2009年08月13日 22:45
>あうさん
顔の幅が体の3倍もあって、すっかりアニメの世界の比率になっていますw
体が細すぎるということかもしれませんが(^Д^)

>Yummyさん
飛び方もガガンボに近いほど繊細で、趣きを持った昆虫ですね。
越年蜻蛉、成虫で冬越しする昆虫です(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年08月14日 00:16
こんばんは!!
このトンボは 我が家にも1度だけ来たことがあります。
北海道の冬を越せるなんてタフなやつ!!
それにしても ルックスにマッチしたおつなネーミング…。
Posted by はやぶさ at 2009年08月14日 22:22
>はやぶささん
北海道じゃなくて、ここは岩手ですよw
北海道なら冬は越せませんので、コセナイトンボになります(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年08月14日 23:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。