2009年09月17日
脚が長いクモ系のザトウムシ

よく見かけるクモで、小さいころはアシナガグモと呼んでいました。
しかし、これはクモではないのであります。
長い脚をつかむと取れてしまうのが特徴と言えば特徴。
体の部分は1cmもありませんが、脚の長さを入れると10cm以上もあります。


脚が長いクモ系のザトウムシ

頭部のてっぺんにある丸くて黒い物が目です。
クモは単眼が8個ありますが、ザトウムシは2個しかありません。
座頭虫と書きますが、目はちゃんと見えます。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(5) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
これこれ!よく見かけます。初めて名前を知りますた。
それよりも何よりも、この細いのを写真に撮られるぁぃさんが
すごい+.(・∀・)゚+. 私には無理だー。
Posted by Yummy at 2009年09月17日 11:32
目があるのは知りませんでした。
目が見えないから足を触覚のように使いながら歩くのかと思っていました。
Posted by ジョンレモンはヒマジン at 2009年09月17日 18:37
>Yummyさん
これ、普通にどこにでもいますよねー。
写真は撮れば写るので、特に驚くことではありません(^Д^)

>ジョンレモンはヒマジンさん
小さな体についている2個の目なので、普段はまず気がつきません。歩き方が座頭市ですなw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年09月17日 23:50
ザトウムシ、どうやって生きたまま持って帰るのでしょうか。
Posted by aie at 2011年07月07日 13:26
>aieさん
つか、持ち帰る意味がわかりませんがw
仮に持ち帰る場合は、とにかくさわらないことです。ちょっとでも引っ張ったりすると脚が取れるので、虫かごの中に誘導するようにうしろからストレスを与えるのがいいかもしれません。
ただ10cm近い体幅があるので、虫かごの開口幅は広いほうがいいでしょう。開口部の4辺のどこかに触れてしまうと、中に入ろうとしないと思いますので(^O^)
別方法としては、透明な大きい容器をすばやくかぶせ、土と容器の間に下敷きか紙のような薄いものを慎重に差し込んで、そのまま持ち帰るのもいいかも。隙間を絶対に開けないように。すぐ逃げますw
Posted by ぁぃ♂ at 2011年07月08日 00:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
ページトップへ戻る