2009年09月26日
黒くなるルリタテハのサナギ

全体的に茶色かったルリタテハのサナギが、黒っぽくなってきました。
成虫の色は基本的に黒ですので、まもなく羽化するかもしれません。
ひとまず安堵な次第。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(5) | TrackBack(0) | ルリタテハ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
9月末くらぃに大半が羽化するよぉですし
色からいけばほんとに間もなくっぽぃですねぇ

無事羽化しますよーに(-∧-;) ナムナム

でもこのコ、蝶になって越冬するんだよね?
なんで寒い中わざわざうす衣になってやるのかなぁ・・・
Posted by ぐわ氏 at 2009年09月26日 10:49
>ぐわ氏さん
ヤマトシジミは幼虫で越冬、アゲハはサナギで越冬、ルリタテハは成虫で越冬…( ゚ρ゚ )
ここで大胆な予想ですが、越冬の第一希望はサナギ、次に幼虫、最後に成虫だという説。
冬の間も朽ちない植物を食草としているアゲハは、希望通り木の枝でサナギで越冬、ホトトギスは冬は枯れるので、サナギのままで茎にくっついていると死んでしまうので強引に羽化、体格の小さいヤマトシジミは強引に羽化しても耐えられないので、思い切って幼虫のまま仮死状態…なのでしょうか。
昆虫は謎が多いですな(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年09月26日 23:25
なるほど、食性かぁ・・
オオムラサキも幼虫越冬だけど確かに葉っぱ落ちちゃうもんねぇ(;・∀・)
裸の枝でサナギじゃ目立ちまくりだろうし、なれば幼虫のほうがヨカタのかぁ

あの凄まじい擬態といぃ、ほんとに謎が多いっすね〜
Posted by ぐわ氏 at 2009年09月27日 12:27
黒色が均等に変化なら安心なのですが、
これが下の方だけとか斑点が出しだら((((;゜Д゜)))ガクガクブルブル
Posted by Yummy at 2009年09月27日 12:46
>ぐわ氏さん
結局、総合的判断でどれがいちばんリスクが少ないかなのかもしれません。
かつて氷河期を経験した先祖の判断も、遺伝子に入ったのでしょうな(^O^)

>Yummyさん
黒という色は朽ちる色でもあるので、その変わりかた次第ではやばいですなw
黒いチョウのサナギだったからこそ安心していられましたが、部分変色等はやばい(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年09月28日 00:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る