2009年10月02日
吸蜜するイチモンジセセリ

久々に見るイチモンジセセリ、過去にはここでも紹介しています。
ずんぐりとした体に小さめの羽根ですが、飛び方はシャープです。


吸蜜するイチモンジセセリ

気温が低いので、時々日光浴をしながらの吸蜜になります。
変温動物は、気温が低くなると体が動かなくなるので大変です。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 くるくる巻いたり出来る長い口はどんな筋肉で動かしてるんですかねえ?
Posted by イチモンジセセリ (338) at 2009年10月03日 00:39
暑い日に外にいるときイチモンジセセリが何度も私の肌に止まりました。水分か塩分か油分の補給だったのかも知れません。
Posted by ジョンレモンはヒマジン at 2009年10月03日 04:20
>338さん
すばらしい!
そういう疑問や探究心こそ、自然観察の基礎の基礎。どんどん不思議を感じてどんどん調べてください。
…と、答えられないぁぃさんはごまかす次第w

>ジョンレモンはヒマジンさん
それは愛ですよ、愛(*^_^*)
誠の気持ちが欲しかったわけです。
魂まで吸われないようにw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年10月03日 17:41
今年の春の事、
買った野菜に小さな小さな青虫くんがついていたので、
丁度空になった梅干しのプラ容器に入れて、ウメちゃんと名付けました。
暫くしてウメちゃんは、入れてあった葉っぱをちょっと丸めて上手にサナギになりました。
ウメちゃんは、何になるんだろ?蛾だったらちょっとな…。
羽化した時を考えて昆虫用の大きめのプラケースを購入して移し、土を敷いたり枝を入れたりして時を待ちましたが、一向に蝶々は現れず…。
ある時オカシイナ?とさんざん見てみると、葉っぱの影の土の上に小さな茶色の蝶が死んでいるのを発見…。
羽化したら放してやるつもりだったのに、なんて可哀想なことをしてしまったんだろうと(/_;)。
ウメちゃんの名前がイチモンジセセリだったと初めて知りました。

ウメちゃんのプラケースには、今はツムが住んでいます。
Posted by tumu☆mama at 2009年10月03日 18:23
何ともバランスのとれたかわいらしい体型。
自分は蛾好きなのでこの子のような蛾顔は個人的にめちゃくちゃ好みですねー(^_^)
Posted by 目薬 at 2009年10月03日 23:55
>tumu☆mamaさん
大きくて派手な羽根を持つチョウではないので、羽化しても目立たなかったかもしれませんねー。
つか、チョウに名前つけるなw

>目薬さん
この全体のスタイルは、チョウの中でも異質ですね。
普通にかっこいい昆虫だと思います。
頭がでかいので、愛嬌もかなりありますな(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年10月04日 00:10
もふもふキタワァ(n‘∀‘)η゚・*.゚。・
てか、ずっと蛾と思ってました。すんません。
食草はイネらしいですね。
Posted by Yummy at 2009年10月04日 12:39
>Yummyさん
離れて見るとチョウのほうがきれいですが、近寄ってみると蛾のほうがきれいな気がします。
しかし、これは例外ですw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年10月04日 23:40
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る