2009年11月01日
モンキチョウの幼虫

シロツメクサ(クローバー)の葉に、1cmにも満たない幼虫がいました。
周りの葉には、食痕も何か所かあります。


モンキチョウの幼虫

側面にうっすらと黄色い線があり、シロツメクサの葉を食べていたということで、モンキチョウの弱齢幼虫だと思います。
冬も間近なので、この後は幼虫かサナギの状態で冬眠すると思われます。


モンキチョウの幼虫

前にモンシロチョウの幼虫に食べられていたアブラナ科の植物も、復活してきました。
またもや食痕が見られますが、幼虫は発見できませんでした。
モンキチョウの幼虫が気まぐれで食べたか、ウスカワマイマイあたりかもしれません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(5) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 小さいイモムシは色が透き通ってきれいですねえ。アブラナ科の植物も元気になってよかったです
 ところで例の巨大イモムシ残念なことに全滅していました。
Posted by モンキチョウの幼虫 (338) at 2009年11月01日 01:21
ヒィー(((゚Д゚)))ガタガタ まだ幼虫がおられましたか!
無事冬眠して羽化してほしいですねー。
おおーっ、復活おめ!見事な再現ぶりですねw
Posted by Yummy at 2009年11月01日 20:32
>338さん
巨大イモムシが全滅って、農薬でも降り注いだのでしょうかw
または密かな大発生中だったとか。
ま、適度な生育が望ましいと思います(;^ω^)

>Yummyさん
まだまだいますよーと言っても、たぶんこれが今季最後になりそうですw
なんだかこの時季にこんなに急成長して、まさか大根じゃないでしょうなw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年11月01日 23:43
大根(・∀・)ソレダ!! てか、噴いたw
大根を育てているぁぃさんに(´Д`;)ハァハァ
Posted by Yummy at 2009年11月11日 20:58
>Yummyさん
こんな堅い地面で大根が育っても、カブにもならないでしょうw
まわりの植物がどんどん枯れていく中、いまだにこのアブラナ科の植物は生長し続けています。
Posted by ぁぃ♂ at 2009年11月11日 23:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る