2009年11月16日
ニンニク生長中

プランター1。右奥の球根も発芽し、5個全部が発芽しました。
いちばん大きい右手前の苗は、15cmぐらいになっています。


ニンニク生長中

プランター2。5個中2個がいまだ発芽せず。霜が降りないうちに発芽することを祈ります。


ニンニク生長中

ミニプランター。2個中1個が発芽せず。
気になってちょっと掘ってみたら、緑色の葉が見えました。もうすぐ地上に顔を出すと思います。

18日以降は寒くなる予報なので、今のうちに発芽祈願なわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(10) | TrackBack(0) | ニンニク | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
ぁぃさんは今何種類くらい育ててらっしゃるんでしょぅ?
私は、稲とベビーリーフをやっただけでも
結構、ヘトヘトだったんですけど(;^_^A
すごいですねー!

にんにくいいですねー!
五葷の中で一番大好きです☆
Posted by Sweet*Witch at 2009年11月16日 01:25
>Sweet*Witchさん
はじめましてです(^O^)
今は冬なので減りましたが盆栽系も入れると、マツ、佐藤錦、アメリカンチェリー、オシロイバナ、甘夏、ニンニク、虹色スミレ、アボカド、トウサイカチ、ゴムの木、ユッカ、マユミ、ワタ、レッドグローブ、イチョウ、ガジュマル、カエデ、サラダ菜、それと野生化したイチゴですw
ブログ拝見しましたが、風景写真の構図が自分の好みと似てていいかんじでした(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年11月16日 01:51
おお、大分育ちましたねー!
かなり寒くなってきたので心配していましたが、さすが青森産ですね!
つかただ単にニンニクは寒い地域に適した子なんでしょうか?

仕事帰りニンニク丸ごと揚げたやつを丸二つ食べたので相当周りに異臭を放ってます…w
自家製ニンニク、一度は食べてみたいなー。
Posted by 目薬 at 2009年11月16日 08:36
うちのニンニ君
30センチになりました。
育ちすぎなんですけど(汗)
雪が降っても大丈夫なんでしょうか・・・
Posted by メガネ女子 at 2009年11月16日 13:11
>目薬さん
津軽の雪の中で冬を越すニンニクなので、寒さはお友達のようですなw
九州のほうで育つ寒さ嫌いの種類もあるようです。
ニンニクの丸ごと揚げ、秋田で食べましたー。
ほくほくして、あれはうまいですな。
でも2個は食べませんでしたが(^_^;)

>メガネ女子さん
ニンニ君←噴いたw
30cmですか!塔立ちはしてないですよねー?w
青森産で有名なホワイト六片のような種類なら寒さには強く、雪の下で越冬することは日常茶飯事です。
葉も枯れて茶色くなりますが、春には復活します(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年11月16日 23:14
ぁぃさん。
実は2回目の登場でしたー(;^_^A
ニャハハ☆(゜∇゜☆)

しかしすごいですねー。
名前すら聞いたことないものがあります(笑)
ブログご訪問いただきありがとうございました♪
Posted by Sweet*Witch at 2009年11月17日 02:18
 だんだん大きくなってきましたねー。なんかニラみたいだなー。
 こういうの毎日同じ場所から写真撮ってある程度大きくなったらつなげてアニメーションにしたらおもしろそうですね。
Posted by ニンニク (338) at 2009年11月17日 23:40
>Sweet*Witchさん
し、失礼しましたっ!Σ(゚д゚lll)
バケツ稲のときが最初でしたw
いつもまにか増えていくので、計画的な家庭菜園が重要ですな(;^ω^)

>338さん
ああ、葉っぱは確かにニラそっくりかもしれません。
ちょw、定点観測のご要望ですかw
室内ならまだしも、外はもう冬ですよw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年11月18日 00:10
ニコちゃんニンニク(´Д`;)ハァハァ
すでに個体差が出てきているのは興味深いです。
その後、どうなりましたか?と、遅れてきて言うのも何ですがw
Posted by Yummy at 2009年11月25日 15:29
>Yummyさん
最近の寒さのせいで、生長がほとんど止まっている状態です。
今はいかに根を張るかなので、根に栄養が集中しているのかもしれません。
そろそろ追肥しなければ…(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年11月26日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る