2009年11月30日
真冬のハナアブ

これといって特別な写真でもないのですが、この季節には貴重な出会いなわけです。
気温が二桁に届く日に、ようやく出会えた昆虫。
ハナアブの他に昆虫の姿は見当たりません。なんともさみしい季節な次第。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(8) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
昆虫たち
無事に冬を越せるといいな・・・。

ハナアブくん
温かそうな毛の襟巻きしてますね。

ポトン
て死骸が
地面に落ちてたら
泣きたくなっちゃいます。
Posted by メガネ女子 at 2009年12月01日 00:22
>メガネ女子さん
命の終わりは儚いものですよ。
窓の枠に引っかかって揺れているイトトンボ、石と石の間でひっくり返っているコガネムシ、水面に浮いて流されているアキアカネ、みんな世代を繰り返すためにこの世に生を持ち、寿命まで生き抜いた勇者たちの姿です。
すごいなと感心してあげましょう(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年12月01日 00:52
ハナアブまだ活動しているんですねー
嬉しくなります。

この季節になると、死ぬと分かっていて飼育している虫達が愛しくなります。
冬眠に無事入ってくれた子達は「あー今年は大丈夫なんだな」と余計愛しいですw

ハナアブは確か冬眠しないんですよね?違ったかなf^_^;
はかない命だからこそ、余計に昆虫は人間にとって魅力的なのかもしれませんねぇ
Posted by 目薬 at 2009年12月03日 09:04
>目薬さん
いわゆる国産カブなんかは寿命が寿命なので、この季節は別れに季節になりますなぁ。
夜の低温も厳しいですしねー、このあたり。
あとは愛ですよ、ぁぃ(^Д^)
ハナアブは冬眠しますが、暖かいとすぐ目を覚ましてタンポポを探して飛んでいます。
夢遊病なんだと思いますw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年12月03日 21:02
少し毛が足りませんが、まあ、薄っすらと毛に花粉が
付いているのでオッケです!って、何様だ、私w
Posted by Yummy at 2009年12月11日 00:08
>Yummyさん
春先のタンポポ満開時なんか、花粉だらけにして飛んでて萌え(*´Д`)
複眼も花粉だらけだとさらなりw
Posted by ぁぃ♂ at 2009年12月11日 20:41
 冬でも暖かいと出てくるんですね。こっちはこの前外を歩いてたらお腹にミツバチがとまりにきました。ミツバチかわいいなー
Posted by ハナアブ (338) at 2009年12月15日 00:16
>338さん
お腹にミツバチ!
寒いので赤外線をキャッチとて温まりに来たのかもしれませんよ。
でもその状況、やばいくらいかわいいですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2009年12月16日 21:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。