2010年04月19日
春のタンポポの季節

タンポポがたくさん咲く季節になりました。野原や空き地が黄色く染まるのを見ると、ようやく春が来たと感じます。
冬眠から覚めたいろいろな昆虫も、花粉や蜜にありつけるわけです。
それはいいのですが、このあと飛ぶ綿毛の種の繁殖力は絶大で、花壇や鉢の中で芽を出して草刈りが大変な次第。
根が浅いうちに対処しないと、延々と芽を出すことになります。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あれ、タンポポもうたくさん咲いてるんですか。
まだみてないw
タンポポの生命力は半端ないですよね。あやかりたい。
ホントにアスファルトから咲いてますからね。

我が家の軒下で日の目を見ないチューリップも、もうすぐ蕾をつけそうです。ガキの頃ここに越してかれこれ20年位の付き合いですから、もうペットのような存在ですw
Posted by 目薬 at 2010年04月20日 06:19
>目薬さん
おお、毎年芽を出す例のチューリップですな。
つか、20年ですかっ!!!! なんという長寿命!
子から孫へと代々続いているのでしょうか。いずれにしろ、生育環境の完成度がかなり高いと思います。
きっと日陰が好きなエコ志向のチューリップなんでしょうな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年04月20日 20:59
 こっちではもう咲き終わり綿毛になって飛んでいってしまいました。
Posted by 春のタンポポの季節 (338) at 2010年04月28日 23:40
>338さん
大丈夫、タンポポは初冬まで咲いては飛ばすを繰り返しますので、またそのうち先ますよー(^O^)
つか、種がそこらで発芽して大変なのでありますw
Posted by ぁぃ♂ at 2010年05月02日 16:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る