2010年04月27日
発芽時に曲がりを形成する実験成功

発芽した小梅の鉢の中で2つだけ「曲がり」の形成の実験をしていましたが、ひとつは失敗し、ひとつは成功しました。


発芽時に曲がりを形成する実験成功

このように根元でぐにゃりと曲がっています。

盆栽などで枝を曲げて楽しむ方法がありますが、そのほとんどは針金を巻き付けて曲がりを作ります。上手な人はかっこよく曲げますが、角度や方向にセンスが出るので慣れないとなかなかうまく作れません。
今回はどのようにして曲がりを作ったかですが、発芽直後に鉢にネットをかぶせました。しばらくはネットの下で窮屈な生活をしていただきまして、ある日ネットを外します。そうすると、下はぐにゃぐにゃ、途中からまっすぐになるわけです。
今回初めての実験なので、この曲がりが永遠のものなのか一時的なものなのか不明なので、じっくり観察したいと思います。
このまま小じんまりと育て、花無しの梅盆栽にしていきます。

一方、ネット抑制をしないほうの小梅はすくすくと育っています。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | 小梅 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
盆栽てなんであんな不思議な育ち方してんだろうと思っていましたが、人工的に作られるもんだったんですねぇ。
盆栽や苔って風流で素敵ですよね。とても興味があります。
育ててみたいけど、ミリオンバンブーすら枯らしてしまう自分には無理でしょうかw
植物は飼い主に主張してこないせいかどうも世話が苦手で。
Posted by 目薬 at 2010年05月01日 21:47
>目薬さん
盆栽はなんとかなりそうですが、苔はかなり難しくて自分もほとんど失敗しています。
湿度と光量の強さと時間がどんぴしゃでないと、あっという間に消えてしまいます。
カエルみたいに「水くれー」とテレパでも出してくれればいいのですがw
Posted by ぁぃ♂ at 2010年05月02日 17:54
 このまま大きくなったらどんな風になるのか楽しみですね。
 ところで苔のことですがうちでは植木鉢をお皿にのせて家の北側に置いといたところすくすく育っています。水をあげるとき鉢底からでた水がお皿にたっぷりとたまるくらいあげると結構持ちます。(もちろんお皿はボウフラが湧かないように植木鉢がぎりぎりはいる大きさ)
Posted by 発芽時に曲がりを形成する実験成功 (338) at 2010年05月05日 02:13
>338さん
確かに一部のコケを除いては常時水分がある環境のほうが枯れにくいみたいですね。空気中の湿度の安定度がポイントかなぁと思っています。
コケは難しいので、どんどんはまっていきますな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年05月05日 16:39
あいさんのブログを参照させていただいて、梅、桑、レッドカラント、山桜・・etc実生in冷蔵庫!やってみました。今のところ発芽したのが桑だけ・・・ありがとうございます!あんなちいちゃな桑のたねがまさか発芽するとは感激ですね。ちなみに発芽したらすぐ植え替えしたほうがいいんでしょうか?
Posted by girasol at 2015年10月26日 15:07
>girasolさん
いろいろ発芽させて曲げたり切ったり遊ぶのも楽しいもんです(^O^)
種から根っこが出てきたら重力で天地を判断して下へ下へと伸びて暴れるので、できるだけ早く土に植えたほうがいいと思います。
出始めた根っこの伸びる速さはけっこう速いですよー。
Posted by ぁぃ♂ at 2015年10月26日 22:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。