2010年05月07日
タンポポは花が終わると種を飛ばしますが、それを待っていたかのように絶妙なタイミングで野鳥が食べにやってきます。


野鳥に食べられるタンポポの種

綿毛が開く直前のガクを上手にむしり取り、ほどよく熟した種を食べます。このころの種の中身は、白くて柔らかいピーナッツのようなかんじになっていますが、ちょうど人間が枝豆を食べるときのように中身だけを食べます。


野鳥に食べられるタンポポの種

こちらはガクをむしり取ってはみたものの、中の種が熟していなくて食べるのをやめた状態。このころの種の中身は、白い液体です。昆虫はこの状態を好みますが、野鳥はコリコリしたのが好きなようです。


野鳥に食べられるタンポポの種

食べられずに種を飛ばせたタンポポ。白い部分が乾燥して反っていますので、無事に飛ばせたようです。

…で、肝心の食べた野鳥ですが、残念ながら撮影はできませんでした。
胸のあたりが黄色い野鳥が飛び去っていったので、カワラヒワでしょう。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 野鳥 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの ひまわりの種を食べる
「カワラヒワ」ですね。
このブログにめぐり会うきっかけになった
鳥さんです。
タンポポも種を飛ばせるか
攻防があるんですね(>_<)
Posted by ニコラス at 2010年05月08日 19:42
>ニコラスさん
植物の種を食べる鳥は、どの植物がいつごろ種をつけるのか知っているんでしょうねー。春はタンポポ、秋はヒマワリ。鳥は鳥で季節の旬のものを食べているようです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年05月08日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る