2010年05月13日
記事を更新しないと死んだかと思われますので書きたいと思いますが、じつはここ数日パソコンが完全に★になり、新規購入したパソコンの初期設定をずっとやっていた次第。これについては、落ち着いたら自分ブログのほうに書きたいと思います。つか、ひとり旅の記事がまだ未完な次第。

さて、当飼育ブログでは実際に飼っている生き物や周辺の自然のようすを取り上げることが主ですが、今回は飼いたいけどいまだ躊躇している生き物をあげてみます。

かわいいメダカとか金魚とか
気体の中でなく液体の中で生きる生き物の世界は、非常に神秘的なものです。それはまさしく小世界ならぬ小宇宙であり、完成されたひとつの空間になります。
熱帯魚もいいですが、できるだけ緊張感の無い環境で会話したいので、メダカや金魚を飼いたいなとずっと思っています。
実現度はそれほど低い部類ではないので、いつか飼うかもしれません。

かわいいカメ
カタツムリを飼っているせいか、ゆっくり動く生き物にひかれます。
また、馴れるという意味でも、カメは非常に魅力があります。唯一のネックは日光浴。毎日一定の時間の日光浴が必要であり、仕事との両立を考えれば残念ながら実現度は低くなります。20年でも30年でもいっしょにいたいんですけど。

かわいい国産カブトムシ
かなり前に世代を重ねるくらい飼っていましたが、最近また気になってホームセンターに行くといつのまにか飼育マットを凝視している次第。
カブは馴れます。幼虫時代から何度もマット換えでボディタッチしているせいもあるのか、成虫になってからの親密度はかなり感じます。
ネックはハマリ度。とにかくハマる世界で、どこかで制御しないと飼育小屋を建ててしまいそうになります。幼虫時代からの置き場所もけっこう必要になるので、まだびびって手を出せません。

かわいいエンマコオロギ
前にスズムシを飼いましたが、基本的にはほぼ同じ飼育方法です。
好みの問題ですが、自分はスズムシよりもエンマコオロギの鳴き声のほうが好きで、世代を重ねた飼育がいつかできればなと思います。手のかからないタフな昆虫でもあるので、飼いやすい部類。ただ、ゴキ嫌いな人には向きませんが。

かわいい小鳥系
小鳥はみんな頭が良くてかわいいのですが、自分的には文鳥や錦華鳥のような種類に注目してしまいます。インコ系の陽気さや親密度もかなり魅力的ですので、こっちも迷う次第。
実現度は意外と低いかもしれません。やはり触れ合う時間を多くとらないとかわいそうなので、さびしがる傾向が強い小鳥系を飼うには、自分は忙しすぎるかもしれません。

かわいいニワトリ系
犬のように馴れる大変かわいい生き物です。飼うとすればチャボです。
エサ代は多少かかりますが、卵や肥料といったボーナス付き。問題はやはり場所です。せまい部屋に押し込みたくないので、それなりの空間が必要。
子供のころに家で飼っていましたが、馴れるだけでなくしつけもすごく通じます。しかも従順なので、まさに犬なのであります。

かわいいアマガエル
アマガエルの魅力に染まっている状態ですが、1分でも長く見ていたいわけです。しかし、彼らの生きざまはじつに野性的。広々とした野原で自由奔放に生きる姿こそ、アマガエルなのであります。
野性のアマガエルとの間で、ゼロから築き上げる親密度の魅力の域を超えないよう、今は尊重しつつ見守る次第。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(14) | TrackBack(0) | 日常 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ぁぃさんの「育てたい植物リスト」も気になります☆
ところで桃太は早30cmを突破しようとしています。
Posted by なつき at 2010年05月15日 22:37
>なつきさん
おお、桃が順調そうですねー!
つか、桃太って名前ついてるしw
しかし、30cmまで育つと、この先ほぼ安心の域じゃないですかー? あとは家を壊さないように大きくしないことですな(^O^)
育てたい植物リスト、桃と落花生あたりです。
Posted by ぁぃ♂ at 2010年05月16日 20:17
ああああああああ
ぁぃさんがあげたリストホント全て飼ってました(┰_┰)
今も飼いたいのは当然ですが大人の事情が邪魔してます…w
特に亀なんか可愛すぎるけどキツイすね…
犬や猫飼うくらいの覚悟がないと…
てかカブトムシは冬の間愛しくなってどうしょもないw
カブなんてガチで懐きますからね。
甲虫ハウス、ひそかに計画しててもう作りそうです…
Posted by 目薬 at 2010年05月17日 10:50
>目薬さん
甲虫ハウス、ぜひぜひ作ってくださいなw
自分も前にカブマンションをつくりましたが、飼育ケースの置き場所がなくなったので高層化したかったのがきっかけです。
使ったのは、薄型のプラ製8段整理ケース。手前と奥で仕切ったので16部屋できました(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年05月18日 22:12
おおおお〜〜〜〜〜〜
貴重な情報ありがとうございます!
しかし人間より動物が場所をとってしまっている現状で親に非難されまくりですw
ひっそり押し入れに作ろうかな…

つか前のコメント酔ッパゲで記憶ないので追記w
エンマコオロギは大量に捕まえすぎて眠れなくなりましたwご注意をww

ウズラやチャボの♀飼ってた時は毎朝卵を産んでくれて、ガチで重宝しました。鳥はヒナから飼うと犬猫レベルで懐くのが最大の魅力ですね。
さすがに放し飼いはできないので、普段はウサギ用カゴで飼っていて、ストレスがたまらないように毎日部屋で遊ばせていました。つか、ウサギと仲が良かったです。
しかし、自分の不注意で猫にやられました(泣)


ああーみんな本当に懐かしいです。

アマガエルは一、二匹程度なら鏡月の特大ペットで飼えましたー。ツリーフロッグ系は環境さえ整えれば結構簡単で、しかも懐きますよね。自分もアマガエルを見る度に連れて帰りたい衝動にかられます。
生き物に関してはぁぃさんの方がずっと詳しいと思うので自分が何か言うほどでもありませんが、勝手に思い出話してみました(^ω^;)


Posted by 目薬 at 2010年05月20日 06:43
こんばんわぁ〜久しぶりに覗かせていただきました!
チャボ、カワイイっすよねぇ〜
子供の頃近所で飼っている家があったのですが、毎日通ってました(^O^)
本当に人懐っこかったのを覚えています…
ただ、臭いだけはどうにもならないですよねぇ…
かくいう私は最近トビハゼにハマっております。
NHK教育テレビでやってるEテレ2355と言う番組を見てすっかりファンになってしまいました。
朝やってるEテレ0655も何気にシュール(?)で癒されております!
お暇があったら見てみてくださぁ〜い(^^♪
Posted by チコ at 2010年05月20日 20:25
>目薬さん
つか、長っっw
記事本文レベルの充実度に、どこからレスしていいのかわかりませんが、ヒヨコから育てたチャボの馴れ具合は、あれは異常ですなw 親鳥のことは親鳥と理解しつつ、人間のことを友達と思っていましたw
いっしょに穴掘ったりして遊んだ充実した少年時代でありました(^O^)

>チコさん
臭いw 夏場はかなりきつい香りになるのは事実。住宅地だと問題になるレベルですなw
トビハゼですか!カエルとフグの中間のような顔なので、1+1=3のかわいらしさがありますな。
干潟に住む生き物って不思議と謎が多くて、興味津々なのであります(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年05月20日 23:10
ぼくは、カメ、コオロギ、クワカブ、キリギリスを飼育しています。金魚ですか。昔、飼育してました。あとメダカも。哺乳類動物は飼ったことはありません。(* ̄∇ ̄*)
Posted by バンジー at 2014年08月08日 07:28
好みがあいますね!かえる大好きです。飼育歴が一番長いのが中学の理科の先生にいただいたアフリカツメカエルのおたまじゃくしから大人になった個体でいまでは一体になってしまいましたがもう10年以上うちにいます。他には鈴虫いっぱいと口紅マイマイ(大人8頭赤ちゃん30頭程度)と緋めだか二匹と沢ガニ一匹スカーレットシュリンプ5匹とヨークシャテリア一匹と暮らしてます。Eテレ2355 私もみてま〜すw あw 飼いたいのはミツバチとうずら!
Posted by MoriSiren at 2014年08月08日 13:27
>バンジーさん
肉食系のキリギリスの飼育は難しそうですねー。エサの確保が大変そうですw
イエコあたりを飼えばいいのですが、それはそれでまた飼育数が増えて楽しくなりそうですなw

>MoriSirenさん
つか、飼いすぎwww
でも生き物好きというものはいつの間にかそうなってしまうもので、10年もいると完全に家族になりますなw
ウズラはひそかに飼育創案中。実現性は少なし(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年08月09日 00:12
餌の確保難しいです。獲物を捕らえる時は、一瞬のはやわざなんですよー(^O^)
Posted by バンジー at 2014年08月09日 06:10
>バンジーさん
かなり前に、親がキリギリスを捕まえたらしく、虫かごにキュウリを入れて飼ってました。
それを見て飼育知識レベルにがく然とし、即刻庭にまた放しました(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年08月09日 23:24
飼育知識レベルにガク然w。ふいた(^∇^)。キリギリス、野菜だけじゃ生きて行けません。
Posted by バンジー at 2014年08月10日 05:32
>バンジーさん
生き物を飼う際、最低限の知識が必要な事がありますねー。
写真もそうで、この生き物が次にどのような行動をとるのかがわかれば、そこにカメラを構えることができるわけです。
簡単な例では、トンボは枝先から去ってもまた戻ってくるとかです(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2014年08月10日 19:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。