2010年05月18日
黒とオレンジのイタドリハムシ

ネコヤナギの葉の上から、こっちを見ているイタドリハムシがいました。


黒とオレンジのイタドリハムシ

色が色なので、小さいですが目立ちます。


黒とオレンジのイタドリハムシ

気温が高くてかなりの数が活動していましたが、そうなると中にはこうなる個体も出てきます。


黒とオレンジのイタドリハムシ

こちらでは交尾が…とよく見たらクロボシツツハムシでした。

気温も徐々に高くなり、ようやく昆虫らしい昆虫を撮ることができるようになってきました。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
 イタドリハムシもクロボシツツハムシもよく見ないとテントウムシと間違えそうな色と模様をしていますね。
Posted by 黒とオレンジのイタドリハムシ (338) at 2010年05月23日 05:07
>338さん
黄色とかオレンジ色とか赤は昆虫界では警戒色なので、種類を超えて似た色や模様が見られますねー。
でも胸部や触角の形までは変えられないので、そのあたりで種族がわかったりします(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年05月23日 23:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。