2010年05月23日
もふもふたんぽぽ

春の風に揺れるたびに、ひとつまたひとつと種を飛ばすタンポポ。


もふもふたんぽぽ

しかし、ここまでたくさんあると吹き溜まりには綿毛が絨毯状態になり、まさにもふもふになっています。
咲いては飛ばすことを年に何回も行うので、雪が降ってもまだ咲いている始末。
いやはや、タンポポがきれいに見えるのは春と冬だけなのであります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
おー
昔ながらの耳かきがいっぱい☆
Posted by なつき at 2010年05月23日 22:12
>なつきさん
あったあった!竹の耳かきの先に綿毛が付いてましたねーw
もっぱらダウンがついていたような気もしますが(^O^)
まあ、スズメノテッポウという植物もあるようなので、タンポポは「ゾウノミミカキ」ですなw
Posted by ぁぃ♂ at 2010年05月23日 23:08
 それにしてもものすごい数ですね。
 
 たんぽぽのもふもふを見ると息をかけたくなる衝動がこみ上げてくるしだい。
Posted by もふもふたんぽぽ (338) at 2010年05月29日 03:43
>338さん
この状況だと息を吹きかけるどころか、飛ばないように刈り取ります。飛んだら最後、鉢や花壇の中で芽を出して大変なことになりますので(゚Д゚ )
Posted by ぁぃ♂ at 2010年05月30日 00:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。