2010年05月25日
毎度毎度のウスベニスジヒメシャク

毎年灯りに集まってくる蛾の中では、最もポピュラーな蛾。
横の大きさは2cmぐらい。小さな蛾です。
名前に「シャク」とついているのでシャクガのなかま。幼虫はシャクトリムシ型になります。
この個体は触角がクシ状になっているのでオスのようです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
あの〜突然ですが、ウスベニスジヒメシャクで検索したらあなたのサイトが目にとまって、来てしまいました。
お伺いしたいのですが、ウスベニスジヒメシャクとの類似種、フトベニスジヒメシャクやコベニスジヒメシャクとの見分け方ってありますでしょうか?
なかなかわからないので、もしご存知でしたら教えてもらえないでしょうか?
お願いいたします。
Posted by 千葉県民 at 2012年07月08日 11:21
>千葉県民さん
近似種の区別は難しいですが、中でもこの蛾の区別は大難関ですw
並べてみて相対的に濃いとは太いとかで区別しているようですが、個体差も当然あるので困りものです。
その地域でいちばんメジャーとされているものという要素で決めることもあるようです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2012年07月08日 12:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。