2010年06月06日
エンマコオロギは、自分にとっては最も身近なコオロギの種類です。子供の頃は、神社の石の下やブロックの隙間を探って捕獲したエンマコオロギをよく飼育したものです。
エンマコオロギの飼育をやらなくなってからは、遠くの野原から聞こえてくる鳴き声で秋の訪れを知り、その鳴き声のピッチが遅くなることで秋の終わりを知りました。
毎年聞いているエンマコオロギの鳴き声。身近な昆虫であるはずですが、隠れることと逃げることの天才でもあるエンマコオロギを捕獲するには、大人になった今では子供のころのようにはいかなくなりました。

ここ数年で似たような昆虫を飼ったものとしては、スズムシとヨーロッパイエコオロギがあります。スズムシは観賞用として飼ったので、産卵を経て次の世代まで飼うことができました。ヨーロッパイエコオロギは当時飼育していたオオカマキリのエサとして飼っていたものです。
観賞用飼育とエサ用飼育では飼い方が大きく異なりますが、ここにきてエンマコオロギを観賞用として飼育してみたくなったわけです。


エンマコオロギ飼育開始

秋まで待って根性で捕獲してもいいのですが、前述のとおり困難になりそうです。
そんなわけで、卵を手に入れました。スズムシの卵は今ではどこでも売っていますが、今飼いたいのはエンマコオロギなわけです。ここから始めます。

まずは、孵化することを祈ることで飼育が始まるのであります。孵化さえすればスズムシのときとほぼ同じなので、なんとかなるでしょう。
ただ、エンマコオロギの卵からの飼育は今回が初めてです。多少の緊張感はあります。

無事に孵化して順調に生長していくにしたがって、今回の飼育は良く言えばマニアック、悪く言えばくどい飼育記録になるでしょう。
なぜならば、エンマコオロギの飼育は比較的容易であり、なおかつその飼育方法をよく知っているからです。
また、エサ用飼育としての情報がネット上に氾濫している中、観賞用としての飼育の情報ももっとあってもいいのではないかという提示もあります。
なんにせよ膨大な情報の中に埋もれてしまうのがネットなので、飼育方法の中のひとつとして書いてみます。

たいそうな覚悟で始める飼育に限って、孵化しなかったとか暑さで全滅したとかありがちなので、次回の記事で飼育が終了するかもしれませんw
まあそれも飼育のうちなので、そのときはまたスズムシでも飼うかもしれません(^_^;)


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(4) | TrackBack(0) | エンマコオロギ〜2010年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
アレを「鑑賞」するんですかー・・・。
私には「G」にしか見えません(- -;
と言いつつ、ヨーロッパイエコオロギは以前爬虫類飼ってたとき、餌としてしぶしぶ飼ってましたが。
Posted by なつき at 2010年06月06日 22:59
>なつきさん
コオロギ系の飼育で面白いのは、彼らはものすごく人間を観察します。このへんはカタツムリやアリと同じですけどw
知能も高そうなので、仲良くやれそうな気がするんです(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年06月07日 00:22
エンマコオロギ飼育キタ━━(゚∀゚)━━!!
つか卵からってwコオロギを卵からってww

エンマそんな捕まえるの難しいんですか?
普通にカ○コ○の森にうじゃうじゃいて、毎年捕まえて飼ってましたけど、今は減ったのかな。
名前負けしないくらいの体と声してて格好良いです。
あんな風情ある美しい声、イエコには出せませんね。

ついでにカンタンも飼ってくださいw
Posted by 目薬 at 2010年06月10日 07:16
>目薬さん
飼育には試練レベルの緊張感も導入したいわけで、ドキドキわくわくの卵からのスタートです(*^ー゚)b
孵化したかどうか毎日見るあの瞬間が最高ですw
イエコはシャリシャリ鳴くので、もっと主張してほしい次第(^O^)
カンタン!?
確かにあの鳴き声は絶品ですが、バッタ系の飼育は生きた草が必須なので、まだ自信が無い次第。ナミテントウのときの生きたアブラムシを用意するのも大変でしたw
Posted by ぁぃ♂ at 2010年06月10日 22:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。