2010年06月22日
野生のウスカワマイマイ

雨が降ったり湿度が高くなったりすると、野生のウスカワマイマイが多く見られます。殻の直径が1cmほどあったので、大人の個体です。


野生のウスカワマイマイ

『ごめん、ゆうべ葉大根の葉っぱ食べた…』                   Σ(゚Д゚;)ナヌッ


posted by ぁぃ♂ | 岩手 | Comment(7) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
野生は雰囲気が違いますよね、ワイルド?

5/30に殻が割れて凹んでいるウスカワを拾いました。
殻口もギザギザで鳥にでもつままれて、落下したのでしょうか。
飼育環境に慣れたらガツガツ食べるパワフルな姿に惚れ惚れ。
みるみるうちに殻は補強され、さらに殻が10mm位成長(この部分の殻色は野生部分より薄い)、腹足もででんと大きくなり今では殻径が20mmの巨大ウスカワになりました。
最初は「玉ちゃん」と呼んでいましたが今では「デブリン」です。
Posted by みにみに at 2010年06月22日 14:38
新入りカタツムリのヤマトが来た時、色黒で満身創痍、短い目玉がタラりと下方に折れ、傷口から体液がじくじく滴っていました。
自然環境って苛酷なんだね、お星様になる前にせめて沢山食べるんだよ…と(/_;) 

しかーし!今では先住ツムが小さく見える巨漢になり、目玉も3倍の長さでピンと張り、時々はツムを背中に乗せたまま動き回っています(・_・;)

試しにあげてみたメキシカンマンゴーが大好物で、すっごく食べます(~_~;)
Posted by tumu☆mama at 2010年06月22日 18:10
>みにみにさん
デブリン噴いたwww
そこまでたくましくなったのは、まさに保護したおかげ。殻の補強部の色が違うのは、食べ物が変わったからでしょうねー。でも前よりも栄養がある食べ物だと思うので、色が薄いのもいい思い出になるでしょう(^O^)
これからも元気でいてほしいですねー(*^ー゚)b

>tumu☆mama
おお、またまたたくましい復帰キタ━(゚∀゚)━!
それにしても最初の段階って、まさにひん死の状態ですねー。そういう状況だと助けてもらったことを理解していると思うので、人間にいろいろメッセージを送ってくると思います(^O^)
マンゴーでまたまた感謝してそうw
Posted by ぁぃ♂ at 2010年06月22日 21:13
皆さんの話を聞いていると、カタツムリは再生能力が両生類なみなんですね。
昆虫の場合、少しでも腹部や頭部を傷つけられてると死んでしまうのがネック。
Posted by 目薬 at 2010年06月23日 06:31
>目薬さん
両生類はいまだにオタマジャクシしか飼ったことが無いのですが、再生能力すごいんですかー?
トカゲは…、あ、あれ爬虫類かw
昆虫は完全な外骨格生物なので、最前線が崩壊すれば部隊も崩壊ですねー。その儚さがいとをかし(´・ω・`)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年06月23日 23:56
なるほど、あの柔軟なカラダは
見てくれだけじゃないのですね

再生へのその柔軟なメカってきっと人類にもいろいろもたらしてくれそーな気がス

最近マイミクさん関係でなぜか本職さん@ムシにつながってしまってるのですが
マイマイカブリとか漏れ苦手なんですが (ノД`)シクシク
Posted by ぐわ氏 at 2010年06月26日 20:57
>ぐわ氏さん
まあ、ケガをしたあとにかさぶたができるのと同じかもしれませんなw
バッタやカニなんか、足が取れても生えてきますし驚異なのであります。
マイマイカブリ!! これは自分も苦手です。
アイアイカブレなら許しますけど(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年06月26日 23:09
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。