2010年06月20日
カタツムリに葉大根をあげてみる

産まれくる子供たちのための葉大根ですが、思いのほか生長が早くて葉が生い茂ってきたので、切り取った葉を親カタツムリたちにあげました。


カタツムリに葉大根をあげてみる

収穫直後の無農薬有機栽培の葉大根、かなりの食いつきを期待しましたが、反応はキャベツと同じぐらいでした。
前にあげた時は食いつきがよかったのですが、冬に収穫したもので甘さも強い状態のものでした。
栄養的にはかなりの優等生でもある葉大根ですが、甘さが運命を分けたようです。


カタツムリに葉大根をあげてみる

大人になりかけの個体。矢印のところに白い部分がありますが、ここから恋矢を出して交尾します。この部分が目立ってきたということは、恋矢も形成されているようです。


カタツムリに葉大根をあげてみる

こっちは完全に大人になった個体で、発情中です。
11匹の中で最初に大人になり、先日産卵したのもこの個体です。

ちなみに卵の状態ですが、あれから何ら変化はありません。
当時大人になっていた個体はこの1匹だけ。しかも産卵数が極度に少なかったことを考えれば、もしかしたら自家受精して産んだのかもしれません。
カタツムリは通常は2個体間で交尾して産卵しますが、単独でも可能なことは可能です。ただその場合は産卵数は極端に少なくなり、孵化率もかなり落ちます。
それを見込んでこの個体は自家受精して産卵したのであり、交尾の相手を探してもみんなまだ子供で待ちきれなかったのかもしれません。
人間ではょぅι゙ょに恋矢を挿すとニュースになりますが、カタツムリにも最低限のモラルはあったようです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2010年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
葉っぱを食む音が聞こえて来そう♪♪
カタツムリも食に好みがありますね。
トレトレの無農薬有機野菜、冬物が好き〜?なんて贅沢な(@_@)
私も春先に小松菜を播きましたが、お店で買った物の方をよく食べるのでガッカリ(~_~;) でもその後、小松菜は黄色い菜の花を沢山咲かせて楽しませてくれました(^^)v

先に大人になるのも寂しいもんなんですね。。
Posted by tumu☆mama at 2010年06月21日 00:49
そういえばうちのウスカワさんも
1人で発情してたなあ°・(ノД`)・°・
かわいそうに

晩年になり、ようやく新しく新入りキター!と思ったら
違う種類だし。
ごめんねw
私の愛で我慢して
Posted by まゆ at 2010年06月21日 10:13
>tumu☆mamaさん
カタツムリ飼育の意外に面白いところは、野菜の好みがわかるところですね。
味に対しては想像以上に敏感なのだと思います。
何でも食べるマイマイガの幼虫とは大違いです(^Д^)

>まゆさん
まあでもカタツムリの飼育は基本的に1匹飼育だと思うので、みんなひとりで発情してると思いますよw
実際、産卵して孵化したあとの飼育は大変ですからねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年06月21日 23:50
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。