2010年06月25日
アサガオ伸び始め

数々の停滞期を終え、マルバアサガオがようやくつるを伸ばし始めました。

アサガオの停滞期は大きく分けて3回あります。
・1回目:発芽まで
 発芽温度が高いので、気温が低いとなかなか芽を出しません。
・2回目:双葉状態
 発芽して双葉を開くと、そこで目立った変化は無くなります。
 ただ、全体がひとまわりふたまわりと大きくなっていきます。
・3回目:本葉5〜6枚まで
 ようやく本葉が出たと思ったら、5〜6枚出していったん停止します。
 このときの本葉はぎゅうぎゅう詰め状態にあり、あえて上には伸びようとしません。

そして、ある日一気につるを伸ばし始めて上に伸び始めます。
今回は、ようやくその時季になったということです。
このころの茎はがっちりした太さになり、陰に隠れた双葉の大きさも数センチになっています。

土の上の大きな変化が無いときは、たぶん土の下で根が生長しているのではないかと思います。
段階ごとにそれ相応の根を準備し、その後余裕を持って上の生長に入る慎重派かもしれません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | アサガオ〜2011年以前 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。