2010年06月21日
サラダ菜を食べるカタツムリの動画

去年のことですが、秋頃に余っていたサラダ菜の種を敷地内の隅にばらまいておきました。砕石と粘土質の土壌で最悪なのですが、雪が降る前には双葉を出して、元気そうにしていました。
そして春が来て一部の芽が大きくなって葉をつけましたが、今回あげているサラダ菜はそういった種類のサラダ菜になります。
つまり、全くの無肥料放置状態、水もあげませんでした。何らかの幼虫のえさになるのではと思い、種を蒔いた次第。今回大きくなったものだけをカタツムリにあげてみました。


サラダ菜を食べるカタツムリの動画

『おおー、なんだこりゃ!美味そうだぞぉぃ!』

明らかにキャベツのときとは反応が違います。粘土質にしみ込むわずかな養分と光合成だけで育ったサラダ菜ですが、味は良かったようでほぼ完食しました。

サラダ菜を食べるカタツムリを、動画に撮ってみました。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2010年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
美味そうに食いますね〜
つか二枚目www

この人達はアオモリマイマイですよね。
あれ、なんかうちの子と色合いが違うような…光の加減かな。
うちの子は全体的にもっと暗いと言うか、褐色なんですよね。
超長期熟成エビスみたいな。
Posted by 目薬 at 2010年06月23日 06:26
すごい食欲ですね。w
うちのキセルガイ2匹は、
あいかわらずの2cmですからそんな食べないけど。
うちのかたつむりの種類はたぶん、ナミギセルだと思うんですがね。
今日は掃除しますから、気合入れてがんばります。(^0^)/
Posted by あきにゃん at 2010年06月23日 17:55
>目薬さん
ちなみに、野生環境で育ったアオモリマイマイです。
↓↓↓
http://aiaicamera.seesaa.net/article/53537881.html
枯葉などの腐葉土を多く食べていると思うので、色素も濃くなるのかもしれません。
また、同じ環境で長く世代を繰り返していてどんどん濃くなっていったのかも。
カタツムリって、家系が違うと同じ種類でも個体差が大きいですよ(^O^)

>あきにゃんさん
前に5mmぐらいのキセルガイを飼ったことがありますが、2cmだと飼い応えがありますねーw
野原を探しても、このあたりではなかなかいません。スリム体型なので探すのも難しそうですなw
カタツムリ飼育は、掃除に始まり掃除に終わります。がんばー(*^ー゚)b
Posted by ぁぃ♂ at 2010年06月23日 23:51
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る