2010年06月25日
葉大根の葉を食べるチョウの幼虫

葉大根の葉っぱに食痕とふんを確認。葉の裏に何かいそうです。


葉大根の葉を食べるチョウの幼虫

いました。体長1.5cmぐらいの幼虫です。モンシロチョウの幼虫でしょうか。


葉大根の葉を食べるチョウの幼虫

なんとなく黒いところが多いような気もします。


葉大根の葉を食べるチョウの幼虫

横から見たところ。薄い黄色い線があるので、スジグロシロチョウかもしれません。


葉大根の葉を食べるチョウの幼虫

ん〜、やはりスジグロっぽいです。
とりあえず放置するわけにもいきませんので、ミニミニ飼育ケースに保護することにしました。
元気に育つようなら、中型の飼育ケースに移して羽化までもっていきたいと思います。祈るは寄生されていないことのみ(´・ω・`)


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | スジグロシロチョウ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ホントに祈ります。
モンシロチョウの幼虫を教材として集めたときも9割強寄生されていて、卵を採集しないとだめでした。
あんなにたくさんの卵を産んでも、あんなにキャベツが穴だらけになっても、世の中がモンちゃんだらけにならない訳です。寄生も含めての自然界のバランスなんですね。
Posted by ニコラス at 2010年06月25日 18:53
>ニコラスさん
魚の卵の例にしても、あんなにたくさん産むのは食べられるからなんですねー。食べられるので全滅しないようにたくさん産む。自然界のルールですなぁ。
もし寄生されていても、それはそれで忠実に記事として掲載したいと思います(´・ω・`)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年06月26日 00:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。