2010年06月26日
幼虫を一時確保

葉大根についていたスジグロシロチョウと思われる幼虫2匹を、とりあえずミニミニ飼育ケースに移動させました。


幼虫を一時確保

そうこうしているうちに、1匹がケース内の壁で糸のじゅうたんを作っています。サナギになるにはちょっと早すぎるような気もしますが。


幼虫を一時確保

糸を網状に貼って足場を作っています。


幼虫を一時確保

あ、蛹化じゃなくて脱皮の準備っぽいです。首の皮が伸びて、その内側に次の頭部がうっすら見えています。


幼虫を一時確保

白い点線の部分が次の頭部です。上の写真と見比べるとよくわかります。


幼虫を一時確保

もう1匹のほうは、まだ脱皮の気配はありません。

そして翌日…


幼虫を一時確保

脱皮をしたと思われる幼虫。大きさに変化はありませんが、白い毛の量が増えて体も少し太くなりました。


幼虫を一時確保

ケース内の隅に何か小さなものが落ちています。


幼虫を一時確保

頭部の抜け殻です。やはり脱皮したようです。
頭部以外の抜け殻も探しましたが、見つかりませんでした。食べたのでしょうか。

さて、これからサナギになるはずなので、それに適した飼育ケースを用意しなければなりません。土日の間に用意したしたいと思います。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(6) | TrackBack(0) | スジグロシロチョウ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
仮面脱いだみたいですのぉ・・・

理論的にはそーなのかとわかってても
いざ転がってるのを見るのはすごい経験っすね(;´Д`)
Posted by ぐわ氏 at 2010年06月26日 20:46
>ぐわ氏さん
マイマイガのときの頭部の抜け殻は大きくてよかったのですが、この抜け殻をヨーグルトのスプーンで取ろうとしたら、静電気でくっつきましたw
それくらい薄くて軽くて小さいわけです。
写真撮るときの位置合わせも、木のつまようじでやった次第。機雷処理か!w
Posted by ぁぃ♂ at 2010年06月26日 23:01
面白いなぁと思って読み流していました。

昨日階段にいたカマキリ(体長2cm位)今日同じところで見かけたんですけど、色が鮮やかな蛍光緑になっていて、横に昨日まで着ていたらしい全身の抜け殻が引っかかってました(゚∀゚)!
エサが全くない所なので、いつまで同じところにいるのかわからないけど、また脱皮するのかワクワクです。
Posted by みにみに at 2010年06月27日 20:18
>みにみにさん
何か食べていれば、また脱皮するでしょうね。階段が外か中か不明ですが、外なら大丈夫でしょう。
もし中なら外に逃がしましょう(*^ー゚)b
体長2cmぐらいなら、小バエとか小さなアリやクモを食べますよー。
Posted by ぁぃ♂ at 2010年06月27日 23:10
度々で失礼します。
外階段です。(2世帯の間に外階段という構造)
クモや蛾が時々います。
今日、今度は脱皮前のカマキリも2匹同じ場所で発見しました。
脱皮したコはより上の壁にいました。
周囲に桜の木などがあるので、卵鞘(らんしょう:今調べました)があったのでしょうね。
Posted by みにみに at 2010年06月28日 20:37
>みにみにさん
なるほど、たぶん灯りに集まってくる小さい虫から始まる食物連鎖の中にいますね。
小さな虫もそれを食べに巣を張るクモも、カマキリのえさになっているっぽいです。
そこに食べ物があれば、大きく移動することはありません。たぶん、これからもずっといるはずですよ。今年の秋には新しい卵鞘がるかもw
Posted by ぁぃ♂ at 2010年06月28日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。