2010年07月23日
アリ飼育ケースを自作中

働きアリが出てくるのはまだまだ1か月以上先ですが、巣の製作に着手した次第。これがあるから、アリの飼育は大変なわけですw
プラスチックにドリルで穴開けをしたりスポンジをぴったりに切ったりと、日々少しずつ進んでおります。
特に穴あけは最初の工程でしかできないことなので、将来の発展性も吟味して必要数を開けなければなりません。ヒビが入らないようにかなりゆっくり削っていくので、1個開けるのに数分かかります。
完成したら、また掲載したいと思います。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
自作って言うのも難しいですよね〜〜分かります
良い物を作るには苦労したりしますねぇ(〜0〜)
家は海苔ケースとかでかいし使う^^
でもやっぱたまに自作っていうのもいいね^^
アゲハ飼育でキンカンの木の枝の先にティッシュ濡らしてラップでくるんでる^^
てかさ、ふんしすぎwww
Posted by あきにゃん at 2010年07月23日 22:43
>あきにゃんさん
海苔ケースは自分もカタツムリの飼育に使ったことがあります。あれ、立派な飼育ケースになりますよねーw
今回はひとつの空間ではなくて複数の空間を連結する必要があるので、自作しかないわけです。
つか、アゲハ幼虫飼育ガンバ!
ふんは多い時で1日100個ぐらいするので、掃除もしっかり!(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年07月23日 23:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る