2010年08月03日
亜終齢になったエンマコオロギ

個体差はありますが、いちばん大きな個体では15mmに達するものが出てきました。


亜終齢になったエンマコオロギ

羽根のもとである翅芽と短い卵管が見えています。ここまでくると、亜終齢のメスであることがわかります。
ジャンプ力も次第に強くなり、飼育ケースの半分ぐらいまでは飛んでくるので、そろそろふたを開けるときに注意しなければなりません。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(0) | TrackBack(0) | エンマコオロギ〜2010年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る