2010年08月05日
スジグロシロチョウの幼虫がいた葉大根ですが、サナギになるためにどこかに行ったようで姿が見えません。
よかったよかったということで、葉大根を引き抜こうと思って見てみたら…


カメムシの卵12個

出た!一目瞭然、カメムシの卵。
あまりにもきれいに産み付けるので、逆に目立ちます。


カメムシの卵12個

12個という個数も、まさにカメムシ。葉大根はアブラナ科なので、アブラナ科が大好きなカメムシと言ったらナガメです。偶然にも昨日ナガメの写真を撮っていたので、この卵を産む前か産んだ後の個体だったのかもしれません。


カメムシの卵12個

縁がギザギザに見えるのが、カメムシの卵の特徴のひとつ。丸っこい形をしたものが多いです。
ナガメの卵にしては黒い部分が不鮮明なのが気になります。孵化してもひとかたまりになっていることが多い幼虫なので、孵化後にもう一度見てみます。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ごっ ごめんなさいごめんなさい°・(ノД`)・°・
芋虫毛虫はなんとか大丈夫になってきたけど
たまごびっしりけいは未だにむりですうう
Posted by まゆ at 2010年08月05日 11:09
>まゆさん
時々出てくる卵の写真、すんません(^^;)ゞ
あまりにも整理整頓されてきれいに並んでいるので、逆にそれがやばいのはわかるような気もしますw
カメムシはA型のようなので許してやってくださいw
Posted by ぁぃ♂ at 2010年08月06日 00:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。