2010年08月11日
老いたウスバカミキリ

連続で恐縮ですが、玄関先にウスバカミキリが居座っていました。見ると左前脚の"ふ節"がありません。体を見ると傷などもあるので、老いた個体です。体長は5〜6cmぐらいです。


老いたウスバカミキリ

カミキリムシの寿命は短く、種類にもよりますがだいたい半月ぐらいです。
全く動かないので指で触ってみましたが、激しく威嚇してきました。しかし、コンクリートの上で動かないでいるということは、ここで人生を終えようとしているのかもしれません。


老いたウスバカミキリ

カミキリムシはリンゴが好きなので、ハチミツを薄めて与えてみましたが、見ているときはほとんど飲みませんでした。
飲めば少しは元気が出るのですが、自身の末期を悟っているようでした。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
カミキリかっけー!
もうヘタしたらカブクワより好き。
スポットではガムシと同様に嫌われていて(黒光りの体で一瞬大型のクワと間違える)無残に踏みつぶされてたりします(´;ω;`)
寿命が短いのは以外と知られてないですね。こんな記事を見ると切なくなります。
きっと、立派な子孫を残してくれているでしょう。

Posted by 目薬 at 2010年08月16日 08:22
>目薬さん
気が強くて噛みつきそうな昆虫なので、つい避けてしまいがちなのがカミキリムシ。
噛み切るのは指ではなくて樹木なので、名前を変えたほうがいいと思います。
「モグモグムシ」とか「ムシャムシャムシ」ですな(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年08月16日 22:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る