2010年08月24日
羽根を休めるヤマトシジミ

塔立ちしたギシギシの穂で羽を休めるシジミチョウ。
眼下には、ハグロハバチやベニシジミの幼虫が見えているはずです。


羽根を休めるヤマトシジミ

ヤマトシジミの魅力は、この裏側の模様。落ち着いた色彩ですが、かなりのアートだと思います。


羽根を休めるヤマトシジミ

触角も脚もしましま。かっこいい昆虫です。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
なんか蝶や蛾って、人間には絶対作る事の出来ない色彩を持っていて、見る度に凄いなーと思います。

木の枝に擬態しているもの、枯れ葉に擬態しているもの…ウンモンスズメなんかは大好きで、昆虫採集でしょっちゅうみますがいつみても関心させられます。
芸術品です、芸術品。

なんかを間違ってアルビノなんかに産まれて来た日には敵だらけで大変でしょうな。
人間は嬉しいのですがw
Posted by 目薬 at 2010年08月24日 08:33
>目薬さん
ウンモンスズメでググったら、なんじゃこの模様はっ!( ゚Д゚)
まさに3Dというか陽と陰というか、こりゃすごすぎw
こんなん発見できまへんわしかし(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年08月24日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。