2010年09月21日
今年3度目の産卵

今年になって3度目の産卵になります。1度目2度目は一桁台の産卵個数で、通常の産卵ではなさそうでした。念のため湿度管理をして様子を見ましたが、やはり孵化することはありませんでした。
今回も微妙です。生きてそうなのが17個、変色しているのが12個でした。
ひびが入った殻から中身が漏れて空気が入り、乾燥状態になって白っぽく見えます。
白っぽくなくても気泡が見えれば、どこからか漏れている可能性が大きくなります。

いずれにしろ、この卵全部を1匹が産んだとすれば通常の産卵個数の範囲内なので、今回はひそかに期待している次第。
「恋矢」が発見できれば確実ですが、発見できませんでした。ただ、今まではずっと初夏の産卵だったので、秋の産卵は初めてのケースになります。
大人になるのがずれたせいであればいいのですが、孵化しても小さいまま冬眠に入ることになるので、そのあたりがちょっと気になります。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☁ | Comment(2) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2010年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
タグを見るまで誰の卵かわかりませんでした。
大きさはどれぐらいですか?
イクラぐらいですか?ゴクリ
Posted by Yummy at 2010年09月22日 20:21
>Yummyさん
やべ、そーいえば「カタツムリの卵」って1回も書いていなかった(^-^;)
大きさは直径4mmぐらいあります。表面は薄いカルシウムになってて弾力性は無いです。かなり薄い殻なので、一度産卵した場所にもう一度産卵すると、前に産んだ卵のかなりの数が割れてしまいます。
つか、食べ物ではないのでゴクリ禁止(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年09月22日 22:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。