2010年10月18日
馴れてきたエンマコオロギ

最近ようやく馴れてきたと感じます。餌交換や水交換のときに手を入れても逃げないでじっとしていますし、カメラを向けても水族館のガラスの向こうのカレイのようです。
泣き声も徐々にかすれ始めていますが、仲間同士でも避けあったりせずに平和な暮らしをしています。意外と協調性のある昆虫なのかもしれません。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(4) | TrackBack(0) | エンマコオロギ〜2010年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。我が家のエンマコオロギも日ごとに鳴き声が少なくなっており、ちょっぴり寂しいこのごろです。
ぁぃさんのブログ楽しみにしてます。どの昆虫も植物も本当に大切にされていて、育てられている子達は幸せですね!観察力もすごく、エンマコオロギのブログを見ていると、うんうんって頷いてしまいます。
うちは、神奈川県の横須賀市なんですが、ぁぃさんのいうように、エンマコオロギを捕まえるのが困難で(空き地の草原もないし)、今夏は6才の息子にエンマコオロギの美声を知ってもらいたいのと飼育の面白さを知ってもらいたいことで、思い立って購入しました。
私は小学校低学年の頃に飼育して、エンマコオロギ大好きになり、以来30年ぶりの今回の飼育でわくわくでした
。やっぱり、最高ですね!
でも、夜道を歩いてると、草の中のどこかから静かに聞こえてくる声もとてもいいんですよね。

今の時代、夏らしい風景や音やにおいって変わってきてる気がします。それが残念で勿体なくて、息子にも私が幼少の頃に感じたたくさんの夏を知ってもらいたいなぁって思います。四季の移り変わりを感じるって、今では難しいことですが。

エンマコオロギ、来年チビ達が産まれるといいな。
ぁぃさん、素敵なブログを見せていただき感謝です!
こらからも、楽しみにしています!


Posted by 7COLORS at 2010年10月19日 10:27
いやー・・・いやー・・・
かわいいなぁ
また変な記号使ってすんません
Posted by カレーライス at 2010年10月19日 18:43
>7COLORSさん
はじめましてです(^O^)
自然の中の昆虫、飼育の中の昆虫、そのどちらにもそれぞれの良さがあると思います。
両方に触れて初めてわかることも多いです。自然や生き物に対する息子さんの視野も、こうして広がっていくのは喜ばしいことだと思います。
自分が6歳のころは、暗くなるまでアリの巣をひたすら掘っていましたw
土の中から白い幼虫やマユが出てきた感動は、今でも忘れません(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年10月19日 21:00
>カレーライスさん
こら、また変な文字を!(^Д^)
前回の変な文字で当ブログのコメント欄が全部文字化けしたんですよw
たぶんブログのテンプレートが原因だと思いますが、そんなわけで今回の変な文字は削除させていただきましたw
カレーライスさんが悪いのではなくてこのテンプレートが不完全なのが原因ですので、今晩泣かないようにお願いいたしますw
Posted by ぁぃ♂ at 2010年10月19日 21:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。