2010年10月31日
特徴のある複眼のホシメハナアブ

ヘブンリーブルーの落ち葉のところを、小さなアブがゆっくりと歩いていました。複眼の模様に最大の特徴があり、これはホシメハナアブです。


特徴のある複眼のホシメハナアブ

黄色に紫の点がある複眼、つやつやの胸部などが特徴です。また、複眼がくっついているのでオスになります。体長は1cmほど。小さなアブです。


特徴のある複眼のホシメハナアブ

名前の通り、星目花虻なのであります。

ゆっくり歩いていたので冬眠場所でも探しているのかなと思っていましたが、数日後に枯葉を丁寧によけてみると、枯葉の中でカラカラになって死んでいました。老いた個体だったようです。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(2) | TrackBack(0) | 気まぐれ写真館 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
うぅぅ((・ω・`))
やっぱりアブは怖いです((°□°;))
中学のとき通学路に必ず現れては行く手をふさぐように細い道のど真ん中にいつもいました(笑)
我が家の周りは畑なので夏は虫のカーニバルなのです(・ω・`)

それにしてもよくこんなに近くで撮れますよね(´ω`)ぁぃさんパワーさすがです(・ω・きらきら)
Posted by あすか at 2010年10月31日 08:42
>あすかさん
ああ、トラウマがあると長く苦手意識が続きますねー。自分はヘビがだめなので、大きいミミズが大の苦手ですw
今回のアブは、もはや歩いてばかりだったので、いつもより近寄れました。こういう特徴のある昆虫は、なるべく近づきたいですね(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年10月31日 14:48
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。