2006年04月23日
アサガオ-060423

本日、アサガオの種を15粒ほど水につけました。

容器にティッシュを敷き、水で浸してその上に種を置きます。
種は、あらかじめ表皮にカッターなどで傷をつけておきます。
これは、発芽しやすいようにするためです。

市販されている種には傷をつける必要はありませんが、採取した種は極めて野生度が高いため、表皮が分厚く硬いのです。
まれですが、水を吸った種子の中身が分厚い表皮をやぶれないこともあり、万全を期すために念のための策です。

数日から一週間ほどで根か顔を出すでしょう。


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | アサガオ〜2011年以前 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。