2010年11月28日
コスモスの種実る

連日の氷点下で、コスモスも終わろうとしています。
今年も前年に採取した普通ののコスモスの種を蒔いたのですが、なぜか例年になく花の数が多くて全数が大型の花でした。しかも不思議なことに、種の結実率が極端に少なく、その分できた種は大きいものになっています。

この種を採取して来年に蒔いたとき、どのような花が咲くのか観察が楽しみなわけです。
posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(2) | TrackBack(0) | その他の花や野菜の栽培 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
並び方が面白いですね。
採取した種って購入した種よりも
楽しみが多かったり、何かと面白いんですよね。
一代目、二代目、と重ねていくうちにちょっとずつ
特徴が変わっていくのもまた面白いんです。
Posted by ナゼナ at 2010年11月29日 00:09
>ナゼナさん
これがさらに乾燥してくると開いてくるのですが、そうなると自然に地面に落ちてしまいます。
そうなると翌年大変なことになるのでありますw
このコスモスは3代目か4代目になりますが、確かに特徴が変わっていくのはすごく感じます。
どこにでも咲いている植物ですが、長い目で見るとおもしろいもんですねー(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年11月29日 22:59
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る