2010年11月29日
なんだか最近カタツムリのクリームなるものが売れているらしく、ひょんなところでひょんなものが評判になったもんだと思います。
成分にカタツムリの粘液が入っているらしく、それが肌にいいということです。
その粘液はカタツムリを水で洗って採取するということで、殺しているわけではないようです。

自分を含め、カタツムリ飼育中の人は飼育ケースの掃除の際に、ケース内側についたあのヌルヌルを洗い流すことに苦労しているのですが、あれが美容に良いものだったそうです。なんだか不思議ですw
正直やっかいものでもあるあのヌルヌル、それをわざわざ採取しているとは驚きました。

ただちょっと気になるところがあり、カタツムリの体を水で洗い流して採取…ということですが、どうやっているんでしょうか。水の中に一気に入れてすすいでいるのでしょうか。それともシャワーを吹き付けているのでしょうか。
どちらにしても、カタツムリは直後に空気孔を閉じて体を引っ込めるはずで、あまり効率はよさそうに思えません。その効率を少しでも上げるために、遠心分離機などに短時間かけるのでしょうか。
まあ、カタツムリに死んでもらっては困るので殺さない程度にやるでしょうが、飼っている立場から言わせてもらえば、お手柔らかにやっていただくことを希望する次第。

薬でも美容でもエスカレートすると濃度を求めがちになりますが、クリームの中の1成分では満足できなくなった場合、次は何になるのでしょうか。
それは、カタツムリエステです。すでに人間は肌にいいと言いながら、多種多様なものを肌に塗ったくって喜んでいます。カタツムリの粘液ぐらいすぐやるでしょう。
問題は、その方法です。抽出という工程を踏めばいいのですが、もしそうでない場合はかなりやばいことになります。
ベッドの上に横になった美女の素肌を、100体を超えるカタツムリがうようよぬるぬると這うことになるかもしれません。エロだ萌えだ言ってるのではなく、そのような使い方をすればカタツムリが弱ってしまいます。でも弱ったカタツムリで商売するわけにもいかず、その都度新しいカタツムリが必要になります。この時点で、カタツムリがまるでお茶の出し殻のように捨てられるのであります。

生き物は自分の命を維持するために他の生き物の命をいただくという食物連鎖の中にいますが、素肌を維持するために命を奪うのであれば、そこには一定の倫理観や節度が必要かと思います。哺乳類には必要で軟体生物には不必要ということではいけません。
やるなというのは無理でしょう。現に原油からいろいろなものを作っている傍らで生き物の毛皮もはぎ取っています。生き物が集めた栄養分の倉庫である肝臓を食べていますし、わが子のために作った栄養の卵黄も食べています。
倫理はゼロでも100%でもだめなので、極論は避けながらもどこかで線引きはしなければならないと思ったりします。

それにしても、カタツムリクリームなどの値段が安すぎます。あれではちょっと買ってみようかと思うでしょう。
ただ、採取方法を考えるとけっこうな手間なような気がします。それに見合った値段がついていないということは、値段に見合った採取方法あるいは含有量であると考えざるを得ません。
自分はカタツムリの飼育ケースの掃除のたびに、粘液を大量に含む水の中でスポンジを動かしていますが、その水よりも含有量が少ないことは間違いないでしょう。
で、自分の手ははたしてつるつるかと言うと、極めて普通です。アオモリマイマイの粘液は効かないんでしょうかw

新しい山を世に出し、それを連続させて会社を維持するのが商売の基本の一つなので、カタツムリのブームもあっという間に終わるでしょう。消費者も、使ったということに満足感を求め、そこでこの売買はすでに成立しているのです。
ブームが終わって飼育小屋に大量に残るカタツムリ、せめてペット屋さんにでも卸してほしいものです。
つか、どの種類のカタツムリを使って採取しているのか、非常に気になるのですがw

..........@ノ”<ぁぃさんも買ってみれば?        ヾ(^-^;)コラコラ


posted by ぁぃ♂ | 岩手 ☔ | Comment(11) | TrackBack(0) | カタツムリ〜2010年 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんにちは。
カタツムリの粘液が薬用品になるのは初めて知りました。口紅の着色料なんかも生物由来とかいうのは聞いたことありますが^^
ぁぃさんはカタツムリとカエルがお気に入りなのですね。カテゴリでこの2つが占める割合がとても多いので^^
Posted by キリコ at 2010年11月30日 07:24
カタツムリの通販をしている会社の存在が、個人的には許せません。
それから、乱獲(採集圧)と身勝手なリリースについての認識の薄さも問題だと思います。。
これはカタツムリに限らず、全ての動植物に言えます。

一時のブームで飼育されて、捨てられた動物(昆虫も)がこれまでどれほどあったことか・・・

しばらく前にNHKのニュースのひとコーナーで「かたつむりが消える」と題し、
・環境の変化によって昔は良く見られたカタツムリの姿がなくなっていること
・カタツムリを人工的に繁殖させ、カタツムリに適した環境を作り、そこでカタツムリを生活させる事が検討されている
といった内容でした。
が、カタツムリには様々な種があり、それぞれが生息する地は決まっているから、それを考慮した人工繁殖が必要とまでは言われていませんでした。
ココがとても重要だと思うのです。
通販で買ったものを捨てる、飼育環境で孵化させたものを飼いきれないからと適当な場所に放す、等をしたら生態系が乱れます。
カタツムリの卵が孵化したら、ほとんどが成貝まで順調に育ちますものね。
カタツムリだけを優位にせず、それを捕食するものもあってこその“自然”“野生”だと思うのです。

極論は、人間がいること自体が自然破壊となってしまいますが、人間が自然と共存するためには、人間が自然(野生)領域を侵さないことが一番大切だと思うのです。

あぁ、熱くなってしまった(_ _;
Posted by みにみに at 2010年11月30日 18:55
少しまえにテレビで見ました。

日本でも、ある地方(場所は言ってませんでした)では、その昔『切れ痔』の治療法として、オチリ周りにカタツムリを這わせて治したとか・・・

もし、ぁぃさんが『切れ痔』になったら・・・

ε=@ノ”<やめてー!!
Posted by さわ at 2010年11月30日 19:53
すみませ〜ん、ちょっと暴走した意見だったような。。。

伝統や文化については話は別です。

ぁぃさんの問題提起に同感しています。
Posted by みにみに at 2010年11月30日 21:45
>キリコさん
何年も連続して飼っていたり姿を現す生き物は、記事数も増えますね。もちろん、カタツムリもカエルも親友です(^O^)
植物は変化が少ないで、記事数も少ないですw
これからの季節はカタツムリは冬眠してしまいますし、外には生き物の姿が見えなくなります。ますます書くことが無くなりますw

>みにみにさん
よく言った! 生き物を守ることだけが自然保護だと思っているケースをたまに見ますが、100生まれたら95が食べられたり死ぬのが自然だと思います。100を0にしないのはある程度理解できますが、5生きるのを10にしたり15にしたりするのはだめですね。
特にカタツムリの場合はお引越し禁止の意味合いが強いの生き物なので、細心の注意が必要だと思います。
熱くなって結構。正論だと思います(^O^)

>さわさん
こら、せっかく自然について論議しているのに変な仮定は禁止(^Д^)
それにしても、それで本当に治ったんでしょうかねーw
傷口がカルシウムで埋まったんでしょうかw
だめだ、想像で噴く(^Д^)
..........@ノ”<平成の世に生まれてよかったお

>みにみにさん
いえいえ、暴走ではなく熱く正論を語っただけなので、自分もうんうんとうなずいていた次第。
伝統や文化については、確かに一論では済まされない要素が世界の国々にたくさんありますね。
犬や猫を食べる国もありますし、カンガルーをなぐり殺す国もあります。日本の鯨なんかも世界では騒いでますねー。
時代が急速に進みすぎたので、人類はまだまだ異文化に驚いているわけです。しかし、これは延々と残るはずなので、しょうがないですな(^O^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年11月30日 22:51
使われているカタツムリ・・・
アフリカマイマイに一票です!
あれならいっぱいヌルヌルが♪

あ、特定外来でした。
Posted by なつき at 2010年12月02日 01:52
お邪魔いたしますm(_ _)m

こちらのブログのおかげで我家のカタツムリは全滅することなく育ちました。大変感謝しております。

カタツムリのクリームの件ですが(一瞬、"アイス〜”の方を連想したのは内緒です^^)

>水で洗い流して採取…ということですが、どうやっているんでしょうか〜
>〜カタツムリクリームなどの値段が安すぎます。

南米ではかなり以前から使用されていたもののようで発祥はチリだとか・・↓昨年夏ころの日経系列の記事の抜粋ですけど
________________________________
〜ある食用カタツムリ輸出農家が、カタツムリの粘液に天然のAllantoin (アラントイン)が含まれていることを発見したという。アラントインは傷や潰瘍を治し皮膚の生成を促進する作用があるため、化粧品のみならず医薬品にも使われている。またこの粘液はコラーゲンやエラスティン、グリコール酸など、人の肌に有効な天然成分を多く含んでおり、今や南米発の天然化粧品として北アメリカやヨーロッパ、東南アジアにまで広がっている〜
____________________________
 養殖カタツムの出荷に係わる何らかの工程の「副産物」を利用したものなので「安価に供給」されているようです。youtubeで「Helicicultura」と検索かけますと養殖カタツムリ産業関連のものがヒットします。スペイン語は全くわかりませんが南米では輸出産業(西欧向け?)のようで日本のホタテ養殖のような位置付けにみえました。
>ブームが終わって飼育小屋に大量に残るカタツムリ、
美容向けのブームが去ってもメインはあくまで食品なわけでありますから、南米でのカタツムリ養殖は続くと思われます。(ただし、甘い言葉に乗せられて投資詐欺に引っかかる人は出るでしょうけど、ってもういたりして^^)
野生生物には野生生物の扱いが、家畜には家畜の扱いが、ペットにはペットの扱いがぞれぞれあるわけでありますが、この手の話題は場所と相手を選ばないとえらい目に・・・orz

>カタツムリもカエルも親友です
最近知ったのですが、「オタマジャクシはカエルの子〜♪」の二番の歌詞は「デンデン虫はカタツムリ〜♪」なんですね。
カエルもデンデン虫もこちらではもう雪に隠れた落葉の下、土の中で熟睡中の季節です。
以上、長文失礼いたしました。
Posted by 玉葱蓋 at 2010年12月02日 09:54
>なつきさん
ア、アフリカマイマイ!!w
1匹いれば全身分に塗れそうな気がしますなw
そういえば、海で獲れるツブ貝なんかも大量の粘液を出しますが、あれはどうなんでしょうねー。
粘液の役割はほぼ同じそうなので、もしかしたらツブ貝の粘液を使ったクリームも出てくるかも(^Д^)

>玉葱蓋さん
こんな気まぐれブログでもお役にたつこともあるみたいで、こちらこそ恐縮です(^-^;)
おお、これはかなり興味深い事実!教えてくれてありがとーございますっ!
なるほど、食用カタツムリの粘液だったのですかー。これならいろいろ心配してたことも安心できます。いやはや、ほっとしましたw
野生生物と家畜とペット、これは確かにいろいろ気を使うところですね(^Д^)
言うところを間違えると即非難を浴びそうw
ところで2番の歌詞がカタツムリだったことは初めて知りました!
おどろいて調べてみたのですが、サザエの孫ではないわいな…に爆笑wさらにそのわけにも爆笑。この作詞家はすごいですなw
また遊びに来てくださいねー(*^ー゚)b
http://www.youtube.com/watch?v=wFguS1qIYgI&feature


Posted by ぁぃ♂ at 2010年12月02日 23:08
お久し振りです。ここんとこ仕事でトラブルがあり社員を三匹辞めさせ、親戚も死ぬわで何だかんだパソコンすら立ち上げてませんですた。
年末なんて普段以上に忙しく、正月とか一秒もないので普通の人が羨ましい。

はい。この記事を見たのが風呂上がりだったので、とりあえずやってみました。
カタツムリ(ムツ、アオモリ、ニッポン、ナメクジ)達を実際に顔に貼り付けて這わせてみました。(ガチです)

くすぐったい。と言うか動きが早い。
人間は体温が高いので皆さん起き始めた模様。

そのまま9分後。カピカピで気持ち悪いです。つか、痒い。
我慢してりゃいいのかと更に5分程置いてみました。



ああああああ痒い(^ω^;)


ソッコー洗い流しましたが今も痒いです。


まあカニやエビ食った後の手が蕁麻疹で酷い事になる自分ですからそりゃそうだと言う気もしますが、普通の肌質の人にとっては有効な成分なんでしょうか。謎です。


一見自然由来の成分だと好感が持てる商品ですが、どうやら自分には使えないみたいなんで、買うのやめときますw

あくまでもカタツムリの為ではなく、美容成分に関しての事です。
カタツムリは野菜の害虫なので、バタバタ殺されるだけではなくこの様に有効活用されると良いなーと思ったのですが。
まあ、一年後にはバナナダイエットのように忘れ去られているんじゃないかと。

Posted by 目薬 at 2010年12月03日 09:52
お言葉に甘えて、また遊びに来ちゃいました^^

あららら・・・すでに「実践」された方がこちらにも

↓2年ほど前の体験談の動画です。「鼻にのせると大変気持ちがいい〜」とか書いてあるみたいです(英語力は中2の一学期程度なので・・)
http://www.youtube.com/watch?v=5u9nbORQ-nM

↑カタツムリ君のその後については“I bring my little friends back in the garden till tomorrow.”とありました。いちおう「友好的」な扱いのようです^^
Posted by 玉葱蓋 at 2010年12月03日 23:46
>目薬さん
こら、勢い余ってナメクジまでやるなw
つか、市販シャンプーがだめな体質で、いきなり生マイマイはやばいでしょw
とりあえず、金属や温度や毛糸などに敏感な皮膚のタイプの人は、前もって腕などで試したほうがよさそうですね。
いきなり顔に乗せるな( ゚Д゚)ゴルァ!!w

>玉葱蓋さん
動画見て夜中に声出してワラタw
自分のところにも今9匹いるので、同じようなことができそうですw
エステとか冗談で書いたのですが、まさかすでにやっている人がいるなんで驚きです。
這わせ専用カタツムリとか出てきたりして(^Д^)
Posted by ぁぃ♂ at 2010年12月04日 00:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。