2010年12月28日
スポンジを好む女王アリ

最近よく気づくことは、まだ暖房をつけていない朝に見ると、女王アリと数匹の働きアリがスポンジの下部の垂直面にいることです。
そして暖房で部屋が暖まってくると、下部から上部に移動して触角を活発に動かしています。
この狭いコロニーの中でも上部と下部では気温差があるはずで、しかも床の石膏は冷たいはずです。寒いのがいやなんでしょうか。よくわかりません。
ハチミツなどのえさも与えれば食べており、冬越し中ではなさそうです。これからさらに寒くなるので、どういう行動をとるか観察を続けます。

posted by ぁぃ♂ | 岩手 🌁 | Comment(0) | TrackBack(0) | ムネアカオオアリ | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
ページトップへ戻る